米仮想通貨関連企業Abraのウォレットアプリ、ビットコインによる株やETFの投資が可能に

ビットコインで株やETFへ投資可能なアプリ
米国の仮想通貨関連企業Abraは日本時間6日、自社の仮想通貨ウォレットアプリ『ABRA』でビットコインによる、株式やETFの部分的投資ができる機能を開始する予定と発表した。最少5ドルからの投資が可能。

ビットコインで株やETFに投資可能なアプリ

米国の仮想通貨関連企業Abra(アブラ)は日本時間6日、自社の仮想通貨ウォレットアプリ『ABRA』でビットコインとスマートコントラクトによる、株式やETF(上場信託投資)の部分的投資の機能を加える予定をしていると公式で発表した。

Abraの発表によると、このアプリを利用し、155ヶ国で、ビットコインで株式・ETF・コモディティ・仮想通貨・FXに投資することができる。

また、このアプリによる投資の特徴は以下のようになる。

  • 株やETFなどを5ドル(約550円)分から投資ができる
  • 初期アクセスを申し込んだユーザーにだけ、2019年には取引手数料が無料
  • Abra側はカストディを行わず、ユーザーの仮想通貨資金は直接ブロックチェーン上で保管される

出典:Abra

さらに、デモビデオから投資対象の株式には、フェイスブック、アップルやアマゾン、グーグルなどで、ETFではVanguard GrowthやS&P500等の主要銘柄が提供される模様である。

Coindeskの報道 によると、Abra社のCEOであるBill Barhydt氏はこの新機能についてこのように話した。

我々はビットコインに準拠した商品を構築している。なぜなら、グローバル規模での投資機会を民主化することができるからだ。

特筆すべきは、この投資機能は、株やETFなど投資先の価値をビットコインに準拠させる、いわゆる有価証券のトークン化である。

この発表につき、Galaxy DigitalのNovogratz氏やモルガンクリークデジタルのPompliano氏、「ワイオミング州・ブロックチェーン・連合」の会長であるCaitlin Long氏など、業界の著名人や有識者から称賛する声が上がっている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン半減期を予測する仮想通貨バイナリーオプション商品が公開へ|米規制に準拠する形でLedgerXが提供を予定
仮想通貨デリバティブ商品を提供するLedgerX社がビットコインの半減期を予想するバイナリーオプション商品の提供を発表した。米国の規制に準拠したこのようなデリバティブ商品の提供は初の事例となる。
米クラーケン、ビットコインやXRPなど主要5通貨の先物取引を開始|英先物企業買収を約110億円で買収し実現
米仮想通貨取引所クラーケンは先物取引で業界を牽引する英Crypto Facilities社の買収を公表した直後、BTC、XRP、ETHを含む主要5銘柄の仮想通貨先物取引の開始を発表した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら