CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨イーサリアム2.0の新技術導入で、新たに判明した「巨額コスト」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新技術導入に出資金の必要性
現在イーサリアム財団の調査員らは、PoSへと移行する際に重要となる「VDFs」技術を導入するか否かの決断を下すため、リサーチを進めているが、同技術を導入するために巨額コストがかかる点が浮上したという。これを受け、正確な成功確率の見極めが必要である点を強調した。

新技術導入に16.5億円の出資の必要性

イーサリアム2.0の最終段階にあたる「セレニティ(Senerity)」のアップグレード。セレニティの導入により、イーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムがPoWからPoSへ移行する点や、トランザクションの処理能力の大幅向上が見込まれるシャーディングの導入が行われるなど、現在幅広く利用されるイーサリアムブロックチェーンの可能性を大きく広げるとの期待が高まっている。

また、1月31日にGitHub上にて、イーサリアム2.0に向けた開発の進捗状況も開示されるなど、ユーザーへの情報開示も開始している。

そのような中で現在、イーサリアム財団の調査員らが力を入れている点として挙げられたのが、PoSへと移行する際に重要となる「Verifiable Delay Functions(VDFs)」と呼ばれる技術を導入するか否かの決断を下すための、リサーチだ。

VDFsは、強力な乱数生成を実現するもので、生成される乱数のランダム性の向上が期待されている。

このランダム性により、移行予定のPoSにおけるバリデータ選出の際に、予測困難性や公平性がもたらされることで、イーサリアム2.0のエコシステムのより良い礎を築く事に繋がると見られている。

VDFs導入に出資金の必要性

しかし、同財団のリサーチでは、VDFsを導入するための壁もある点が記載されており、その内容として、VDFs導入に際し、イーサリアム財団が1500万ドル(約16.5億円)に及ぶ出資の必要性が浮上しているとのことだ。

これは、出資金に関する財政の点ではなく、予想以上の多額出資が必要になった背景から、成功する可能性をより正確に見極める必要が出てきたというものだという。

イーサリアム財団の調査員Justin Drake氏はCoinDeskに対し、以下のように語っている。

基本的に我々は、VDF導入プロジェクトを遂行するか否かの決断を下すための基礎準備を行なっている。

そのプロジェクトの規模は、1500万ドル(約16.5億円)に及ぶため、我々はそのプロジェクトが成功するかどうかを確実に見極める必要がある。

また同氏は、イーサリアム2.0へのVDF導入の決断を下す前に、複数のテストを実行する予定があることを前提に、そのテストの一つ、VDFsの安全性を検証する「RSAセレモニー」では、世界中からテスト参加者を募る必要性があること点を明かした。

「RSAセレモニー」以外のテストにおいても、ASICsと呼ばれる「VDFを走らせるためのファームウェア」を開発、テストするために、世界中からのテスト参加者を必要だという。

VDFを導入するためには、基本的に処理速度の高速なASICが必要となる。

トランジスターがASICに接続するための手段として、高度なアルゴリズムに従う必要があるが、そのために、世界一速い処理能力を有する必要はないが、十分な速さの処理能力を兼ね備えていることが求められる。

VDFsが導入されることで、イーサリアムのアップグレード後、より良いエコシステムにつながる可能性はあるが、それを実行するための資金がボトルネックとなり、導入に関する判断が遅れている状況になっている。

ただ、VDF導入に関する調査は着時に進んでいる点は、強調し、今後大きくアップデートされるイーサリアムのブロックチェーンエコシステムに期待感を示した。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

CoinPostの関連記事

『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ
1月31日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。1月から毎週、イーサリアムの四段階アップデート「Senerity」に向かっての最新情報が逐一公開される。
仮想通貨イーサリアム、コード監査のため『ProgPoW』実装延期の可能性が浮上
イーサリアムの開発者コミュニティは、第三者機関によるコード監査の実施を予定しており、以前に仮決定していたProgPoWの実装が延期される可能性が出てきた。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア