『仮想通貨イーサリアム 2.0』に「スワップ・オア・ノット機能」を追加|最新進捗状況を公開

「イーサリアム 2.0」の進捗状況を公表
2月9日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。注目点は、新しいシャッフルのアルゴリズムを起用したスワップ・オア・ノット機能の追加である。

「イーサリアム2.0」進捗状況を公表

2月9日にGitHub上にて、イーサリアム2.0に向けた、開発の進捗状況について公表された。

GitHubのページ上で、以下のように記述されている。

2019年1月から毎週、進捗状況をリリースすることになっており、これが2月の第一回目となる。

今回は細かい機能の追加、及びバグの修正が含まれており、依然として順調に進んでいる。

特に注目したいのは、新しいシャッフルのアルゴリズムを起用したスワップ・オア・ノット機能である。

スワップ・オア・ノット機能は、スタンフォード大での研究会にてDan Boneh氏によって紹介されたシャッフルのアルゴリズムを起用しており、バリデーター(検証者)のシャッフルに役立つと予測される。

イーサリアム2.0へ移行するための開発段階として、7つのフェーズが挙げられており、以下がその概要となっている。

出典:GitHub

  • フェーズ0:シャード未実装のビーコン・チェーン
  • フェーズ1:EVM未実装の基本的なシャーディング
  • フェーズ2:EVMのステート移行機能
  • フェーズ3:軽量クライエントステートのプロトコル
  • フェーズ4:クロスシャードのトランザクション
  • フェーズ5:チェーンのセキュリティ強化
  • フェーズ6:指数関数的シャーディング

上述した通り、今回発表された進捗状況では、フェーズ0の部分について語られている。

イーサリアムの四段階アップデート「Senerity」に向かっての最新情報が毎週逐一公開されているので、最終段階に向けたプロセスを細かく評価することができる。イーサリアム2.0へ移行は着実に進行している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ
1月31日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。1月から毎週、イーサリアムの四段階アップデート「Senerity」に向かっての最新情報が逐一公開される。
仮想通貨「dApps市場」の2018年売上高が7300億円到達、App Store初年度の売り上げを上回る
親和性の高いゲームジャンルやDEXに加え、EOSやTRONチェーンを使用したdApps市場も急成長を遂げており、業界に詳しい関係者によると、2017年から”パラダイムシフト”が起きているという。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック