仮想通貨ビットコインの謎 新たな「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が出現|証拠内容は後日公開?

新しい「サトシ・ナカモト」の自称者が出現
1人のビットコインキャッシュ(ABC)のデベロッパーは9日に、ツイッター上、自分自身が本物のビットコイン創設者「サトシ・ナカモト」であると主張。その証拠とは。

「サトシ・ナカモト」の新たな自称者

ビットコインキャッシュ(ABC)のデベロッパーであるAmaury Sechet氏は9日に、ツイッター上、自身が本物のビットコイン創設者「サトシ・ナカモト」であると主張を行なった。

私は、「サトシ・ナカモト」だ、こちらがその証拠。

304502200fc3909c3224bc140b7aed365f33f066bd81eabedd198ad2a257882e86586ae8022100f03c6f63cddb43ebf48512c9a0cc0f97fd2cf227d22f15691d7ad65e49ddd659

サトシ・ナカモトとは、2008年11月、metzdowd.comに、全9ページのビットコインに関する論文を投稿した人物で、仮想通貨やビットコインを誕生させた人物である。しかし、その投稿された論文は「サトシ・ナカモト」と名乗る匿名筋によるものであったことから、これまで本物の「サトシ・ナカモト」が誰なのかわかっておらず、ビットコインユーザーの中で長年神話となっている。

サトシ・ナカモトを名乗る人物は、ビットコインSVでも有名なクレイグ・スティーブン・ライト氏のほか初めて「サトシ」からビットコインの送金を受けた暗号学者Hal Finney氏(故人)や、日系アメリカ人のDorian Nakamoto氏、または「スマートコントラクト」の名称と概念を創設したとされるNick Szaboも候補者とされているが、未だ本物の「サトシ・ナカモト」の正体は、解明されていない。

そのような状況の中で、10周年となる2019年に、今回新たに自称する人物がでてきたことになる。

Sechet氏は、ツイッターの文章で公表したタイミングで、メッセージのハッシュ値を公開、より詳しい内容は「後日公開予定」と言い残した。

昨年、ビットコインコアのデベロッパーであるGregory Maxwell氏は、ブログ にて、「サトシ」の正体アイデンティティを装うことはそれほど難しいものではないと説明した。

残念ながら、一般人にとって、暗号学に関する知識が限られているため、思ったより装うことが簡単にできる。

例えば、数年前、クレイグ・ライト氏(仮想通貨BSVの提唱者)はブロックチェーンに存在する「シグネチャー(署名)」をコピーし、それが証明できるというわかりにくいメカニズムを公開した。しかし、見破ることはわりと早かったが、多くの人はそれを信じるようになった。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

来たる戦争「ブロックチェーン」VS「ディープフェイク」 偽情報を利用した相場操縦などへの対策で注目を集める
AIを利用し、巧妙に作り込まれた「フェイク動画」がネットで公開、仮想通貨も含めた相場操縦に利用されるなど、その偽動画作成の元となる技術「ディープフェイク」の行く末に警鐘が鳴らされている。ブロックチェーンは、その「ディープフェイク」に対抗する有効な手段となる可能性を秘める。
公開を控え期待感高まるICE運営「仮想通貨取引所Bakkt」の偽サイトが出現|嘘のローンチ日時を掲載や個人情報要求も
Bakktを装った偽サイトが発見されており、同サイト上では、個人情報やビットコインアドレスを入力するように誘導している。詐欺に遭わないためにも、細心の注意が必要だ。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加