中国IT大手バイドゥ、独自ブロックチェーンOS実稼働を開始|商業化の促進を目指す

百度社、ブロックチェーン技術の商業化促進を目指す
中国の百度(バイドゥ)社は14日、、独自のブロックチェーンオペレーティング・システムBaidu Block Engine(BBE)の実稼働を開始した。分散型アプリケーション(dApps)などの開発を促進させる。

中国百度社のブロックチェーンOS

中華人民共和国における最大の検索エンジンを提供する大手IT企業百度(バイドゥ)社は14日、「独自のブロックチェーンオペレーティング・システム(OS)のBaidu Block Engine(BBE)を開始した。分散型アプリケーション(dApps)の開発を促進させる目的である」、とBaiduクラウドスペースにて公式に発表した。

出典:Baidu

同社によれば、BBEはオープンソースであり、ブロックチェーンOSの開発が出来る唯一のプラットフォームとして商品化される。また、BBEの展開は、百度社のABC(AI・ビッグデータ・クラウドコンピューティング)戦略の一貫であり、既存のモバイルアプリケーション開発のように至ってシンプルな構造となっている。

実際に同プラットフォームは、組み立て式ブロックチェーン構造を採用しているので、開発者はスマートコントラクトやdAppsなどのテンプレートを利用できるため、複数のチェーンが組み込まれる開発でも迅速かつ簡潔に行えるという。

また、このBBEは既存の企業のブロックチェーン展開も支援する。コンソーシアム及びプライベートチェーンなど多様なニーズに対応し、極めて柔軟で利便性のあるプラットフォームを目指している格好だ。

百度社側は今回の発表につき、このように言及した

ブロックチェーン技術の商業的開発を促進させたい、という思いで(BBEを)開発した。オープンソースのクラウドプラットフォームで開発が進めば、プロックチェーン分野の広範囲にポジティブな影響を与えられる。

百度社は昨年9月に、Baidu Blockchain White Paper V1.0をリリースしている。これは「スーパーチェーン」ネットワークシステムの設計の概要を示している。スーパーチェーンは、クラウドブロックチェーンBaaSプラットフォームを商品化するための同社の試みの一貫であり、サイドチェーンをサポートするステレオネットワークである。

百度社は多くのIT企業において、ブロックチェーン技術の商業化の広範囲普及に一足早く着手している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

中国政府、ブロックチェーン企業対象の検閲法案を公布|「分散型」の発展とは
昨年10月に素案が発表され、中国のブロックチェーン規制強化の一環として「ブロックチェーン情報サービス管理規則 」が、公布された。政府による検閲とユーザーデータ収集および情報提供が求められる可能性が懸念され、注目を集めている。
中国ブロックチェーン業界人材を支援 リップル社が清華大学との提携を発表
リップル社が中国のブロックチェーン技術展開を図るべく、中国の清華大学と提携し、ブロックチェーン技術リサーチ奨学金の発足の開始した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら