CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨XRP(リップル)のコインベース上場が実現した背景と理由|仮想通貨リサーチ企業Diarが考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Diar最新報告書:CoinbaseのXRP上場考察
Diar社は、米Coinbaseがこれまで「プロジェクト側は、自社保有通貨の割合が少ない方が望ましい」との上場条件を緩めたと見ている。

Diar最新報告書:CoinbaseのXRP上場考察

本日、米最大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は半年前から上場の検討していた、仮想通貨XRP(リップル)を実際上場させることを発表した。

仮想通貨リサーチ会社Diarは、Coinbaseの上場発表を受け、最新の報告書にて、独自の見解を掲載している。

昨年12月、CoinbaseのXRPやステラ(XLM)など、仮想通貨30+種類の上場検討を開示し、年末までにいくつかのERC20トークンを上場させたが、2019年以降、XRP取引追加は同取引所初の上場発表となった。

Diarの報告書では、Coinbaseの仮想通貨の上場は、出資企業であるDCG(大手仮想通貨ファンドGrayscaleやCoindeskの親企業)が支援を行い、取り扱う仮想通貨の中の一つであるため、「上場することはほぼ当然と言える」と考察している。

出典:diar.co

DCGが取り扱っており、Coinbaseが上場を行なった仮想通貨の一部として、昨年上場したZcashとETCに続き、XRP(リップル)も追加されることになった、とDiarは分析している。

なお、実際Grayscaleの機関投資家向けの仮想通貨ファンドも、XRPは投資対象となっている。

Diar社は、米Coinbaseがこれまで「プロジェクト側が開発や発行などを行う、自社保有通貨の割合が少ない方が望ましい」との上場条件を緩めたと見ている。その理由について、リップル社が50%以上のXRPを「第三者エスクロー」に預けていることを指摘している。

一方で、仮想通貨界隈の常連であるJake Chervinsky弁護士は、Coinbaseの動きについて、このように見解を述べている。

今回のXRP上場決定より、様々な角度からの法的な意味合いが推測されがちだが、様々な要素があり、一概には説明し切れないだろう。

ただ一つ言えるとすれば、Coinbase側は、上場のメリットが、法的リスクを含むコストを上回った可能性があると判断したことだ。

可能性の一つとしては、今まで「未登録証券を取り扱うリスク>売り上げをあげる必要性があったが、直近決算でCoinbase自体の減益が明らかになる中、競合他社の戦略に追い付くために、依然として法的リスクが変わらないまま、「企業の利益方針」が変化したことを意味しているかもしれない。

なお、今回の上場に関して、米Ripple社のシニアディレクター吉川氏は、以下のように前向きな姿勢を見せている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】米仮想通貨取引所コインベース、待望のXRP(リップル)上場を発表|価格も急反応で10%高を記録
米国の大手仮想通貨取引所コインベースが仮想通貨XRPの上場を発表した。仮想通貨XRPの有価証券問題などを理由に上場を見送っていたため、今回の上場には「流動性面」と「米国規制面」で大きな意味をもつビッグニュースとなる。
仮想通貨XRP(リップル)台帳における「最重要アカウント」とは|海外の大手取引所がランクイン
ビッグデータアナリストによって、XRP台帳の最重要アカウントが判明。Googleページの重要度を測るPageRankアルゴを応用、活発なアドレスを可視化した図により、新たな事実も浮かび上がった。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 日曜日
15:00
新NISA特集
老後2000万円問題が話題になる中、仮想通貨業界でも注目を集める新NISAの特集ページをCoinPostが開設。税制優遇や「つみたてNISA」のメリット、SBI証券、楽天証券の特徴を比較した投資口座選びまで、初心者から上級者まで役立つ情報を整理した。
11:30
ビットコイン高騰も、値幅調整の可能性には警戒を|bitbankアナリスト寄稿
650万円まで回復するもやや軟化傾向で推移する今週のビットコインチャートを図解。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|24年BTC125,000ドル到達予測に高い関心
今週は、Matrixport Researchの仮想通貨ビットコインの価格予想、米国におけるビットコイン現物ETFの動向、ビットコインの時価総額の上昇が最も関心を集めた。
12/09 土曜日
20:56
株式投資の「つみたてNISA」、今すぐ始めた方が良い理由
つみたてNISA(つみたて投資枠)は長期投資に向いており、多くの投資家にとって利用しやすい制度です。この記事では、つみたてNISAの概要や長期投資に向いている理由、具体的な投資戦略を解説しました。
20:47
年間投資枠3倍に、新NISAの「5大メリット」を解説
NISAとは少額投資にも適した非課税制度です。若い世代を中心に多くの層が利用しています。2024年から開始する新NISAとの違いや具体的なメリット、つみたて投資枠などを解説します。
16:20
2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増
VanEck社が発表した2024年の仮想通貨市場予測を詳細に分析。ビットコイン半減期の影響、イーサリアムの市場ポジション、企業の暗号資産保有増加など、15の重要なトレンドを探求。仮想通貨業界の次の発展段階を見据えた包括的なレポート。
13:30
フリービットの格安スマホ、TONE Coin報酬と株主専用NFTでWeb3事業拡大
フリービット株式会社が格安スマホ市場に新たな一手。Web3の世界への進出と共に、「TONE Coin」報酬システムを導入し、株主に特別なNFTを提供。スマートフォンユーザーの参加を促し、非中央集権化ブロックチェーンコミュニティの拡大を目指す。
12:30
米国議会、国防権限法で仮想通貨関連条項を不採用
米国議会は2024会計年度国防予算の枠組みを決める国防権限法を発表。ビットコインなど仮想通貨やブロックチェーンに関する条項は採用されなかった。
11:20
コインベース、L2仮想通貨銘柄などの先物を提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは、Optimism(OP)、Arbitrum(ARB)、Ethereum Classic(ETC)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。
10:25
大手銀BBVAスイス支社、リップル社傘下のMetacoと提携
欧州の大手銀BBVAのスイス部門は、仮想通貨のカストディで米リップル社傘下のメタコと提携すると発表した。現実資産トークン化も念頭に置いている。
09:10
堅調な米雇用統計で早期利下げ観測やや後退 ビットコイン反発で仮想通貨関連株大幅高
仮想通貨ビットコインはフィデリティのSEC面談のニュースなどを受けて再び44,000台に復帰。ソラナは「JTO」エアドロップの実施や、NFTでイーサリアムNFTの出来高を超えたことに連動し大幅に上昇し再び年初来高値を更新した。
08:15
ソラナNFT、初めてイーサリアムNFTの出来高超えて1位のチェーンに
ソラナ・ブロックチェーン基盤のNFTの出来高は24時間ベースで、初めてイーサリアム・ブロックチェーンのNFTの出来高を超えた。
07:25
フィデリティもビットコインETFの上場申請でSECと技術的会議 BTC価格上昇
米SECは仮想通貨現物型ビットコインETFの上場申請について、今週7日に申請側のフィデリティと会議を行ったことが判明した。
07:05
Starknet、独自仮想通貨STRKの配分計画を一部発表
仮想通貨イーサリアムのL2「Starknet」を推進するStarknet財団は、STRKトークンの配分計画を一部発表。ユーザーへの割当についても説明している。
12/08 金曜日
18:39
ビットコインETFへの資金流入予測、金ETF事例や経済環境から算出
ビットコイン現物ETFが承認された場合の資金流入見込みに関してVanEck社が予測レポートを出した。米経済の景気後退予測や金ETFの事例、過去の金融経済動向を基に、暗号資産(仮想通貨)市場の新たな潮流を探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧