プーチン大統領が発表した仮想通貨及び、ICOの新しい法律とは

ロシアのプーチン大統領は、仮想通貨及びブロックチェーン技術などに関する法の整備を進める
これは中国の仮想通貨取引禁止などとは対照的で、今後の発展を促す目的で、適切に法を整備しているようです。
ブロックチェーン技術を使用し、経済圏の構築を目指している。
アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、そしてロシアを含めたユーラシア経済連合で直接的な取引をできるようにします。

ロシアの大統領であるプーチン氏は、仮想通貨マイナーの登録要項改正ICOに関する証券取引法などの仮想通貨分野の規制を整備しました。

ロシア政府は、10月の第4週にかけて、プーチン氏から指南を受けた5つの条例を発表しました。この条例は、恐らく技術分野において、ロシア政府が最も直接的に干渉したものといっても過言ではないでしょう。これは、ロシア内の仮想通貨に対する新しい法律の整備というだけに留まらず、この技術を使用して、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、そしてロシアを含めたユーラシア経済連合で”直接的な取引可能圏”を創り出そうとしています。

そして、注目すべきは、ロシアはブロックチェーンを利用し仮想トークンを発行・販売することで資金を調達するICOに対し条例を制定したことでしょう。さらに、プーチン氏はドミートリー・メドヴェージェフ首相を介し、仮想通貨マイナーたちに対してその利益から税を徴収するシステムを構築するよう求めました。

その中でも、ある条例は、ロシア国会内の国家院での課題、そして、中央銀行が仮想通貨を規制する法律を整備することに対し、威厳を振舞っているように見えます。

それは、

「ロシア連邦政府は、ロシア銀行と協力し、金融分野で使用されている分散型台帳、デジタル信用状(支払い確約書)、デジタルローン、仮想通貨、トークン、契約の自動化などのデジタル技術の地位確立を求め、ルーブルというロシア連邦における唯一の法定通貨に基づくように国会での変更を保証しなければならない」

と記述されました。

さらにロシア政府は、スタートアップ企業が金融分野において、最新技術を使って新たなサービスを創っていくことを求めています。

また、ある条例では、企業が保護された環境下でシステムを試用できる”サンドボックス(システムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティ)”というフレームワークの採用を指南しました。これは、イギリスなどの国々でも採用されており、金融という分野に焦点を当てた”サンドボックス”では、ブロックチェーン技術を採用している企業にとって大きな関心となっています。

Vladimir Putin Mandates New Rules for Cryptocurrencies and ICOs

Oct 24, 2017 by Stan Higgins

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

ロシア政府は法定通貨ルーブルと同様に、仮想通貨と交換可能なCryptoRubleという仮想通貨を発行・管理することを発表しています。国内でマイニング事業の拡大を計画しているなど、ブロックチェーン・仮想通貨にはとても積極的な体制です。各国がICOのルール整備をし、ロシアもその整備をすることで環境を整え、その分野の成長を促すことが目的でしょう。また、この姿勢の背景には、世界的にも大きく成長をとげているこの分野をリードすることで、ロシアの金融経済成長にも繋がると考えているのではないでしょうか。

ロシア政府は公式に自国仮想通貨「CryptoRuble」の発行をすると発表
ロシア政府が自国仮想通貨「CryptoRuble」の発行を発表しました。法定通貨ルーブルと同様にロシア当局で発行、管理、そして維持され法定通貨と仮想通貨交換が可能となります。
ロシア知事、マイニングファーム発足のためマイナーをサンクトペテルブルク(レニングラード)に招待
ロシアがビットコインを含む仮想通貨マイニングの工業団地を発足させようとしています。ロシア知事がサンクトペテルブルク付近のソスノヴィ・ボールにマイナーを招待しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加