米大手仮想通貨取引所Bittrexが初IEOセール予定|LoLやクラッシュロワイヤルの運営会社と提携

Bittrexが初IEOセール予定
米大手仮想通貨取引所Bittrexが、初のIEOセールを告知。トークンセールを行うRAIDプロジェクトは、日本でも人気の高いLoLやクラロワの運営会社と提携している。

Bittrexが初IEOセール予定

大手仮想通貨取引所Bittrex International(ビットレックス)は12日、初のIEO(取引所でのトークンセール)を行う予定を公式で発表した。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは、資金調達のための、ICOのような仮想通貨トークンセールのこと。

従来のICOと異なり、大手取引所の上場が約束されている点や、トークンのロックアップの時間、もしくはトークンプロジェクトのセール、上場に関わる審査の欠如など懸念点が大幅に取り除かれるため、特に大手取引所が開催すれば、投資家人気も集まりやすいとされている。

なお、世界一取引所Binanceでは、1〜2月分のトークンセールkが共に数十秒で完売しており、IEO需要が2017年のICOブームを上回るではないかと関心を集めている。

今回、Bittrex上で行うトークンセールの詳細は。以下の通りになる。

  • セール開始時間:日本時間3月15日、10:00 AM〜3月18日、9:00 AM
  • トークン名:RAID(レイド) 「XRD」
  • 調達目標額:17,000,000,000 XRD (~5,950,000 USD)「約6億6273万1120円」
  • トークンの総発行数:100,000,000,000 XRD
  • セールの価格:0.00000010 BTC (執筆時0.0434円)
  • 一つの口座の購入上限:57,000,000 XRD (~20,000 USD)「約222万7667円」
  •   
  • 一つの口座の購入最低枚数:30,000 XRD (~10.5 USD)「約1170円」
  • トークンロック期間:期間なし
  • 購入手段となる仮想通貨:BTCのみ
  • 購入するユーザーは、KYCの審査を完成させたユーザーのみ

米Bittrexの発表によれば、トークンセールを行うRAIDプロジェクトは「国際的ゲームデータのブロックチェーン企業であり、ゲーマーのデータ共有を推奨するインセンティブ技術を開発するため、XRDで調達した資金を用いる」という。

さらに、RAIDの公式サイトによれば、RAIDプロジェクトの戦略パートナーの中には、「League of Legends」のアメリカ合衆国のゲーム会社Riot Gamesや、大人気リアルタイム戦略ゲームで、eSportsである「クラッシュ・ロワイヤル」のSupercell(スーパーセル)など、世界最大級のゲーム会社が並んでいる。

LoLは、全世界で1億人以上のプレイヤーに遊ばれているゲームで、世界大会の賞金総額は約58.8億円にも及ぶ。法規制などの問題で賞金が出にくい、国内プロリーグ“LJL2019”でも、賞金総額2700万円を誇っている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

バイナンスCZ氏、新たな法定通貨建て仮想通貨取引所の拠点を示唆
BinanceのCEO CZ氏は9日、新たに法定通貨建て取引を行える仮想通貨取引所をアルゼンチンに設立する可能性を示唆した。実現に至れば、英ブレグジットなどを背景に、需要が高まったBinance Jerseyなどに続き3件目の事例となる。
【速報】22秒で完売したバイナンス関連ICO銘柄「Fetch.AI(FET)」、仮想通貨取引所Binanceに上場
大手仮想通貨取引所Binanceは、Fetch.AI(FET)が同プラットフォームに上場することを、公式ブログで公表した。前回ICO価格から大きく高騰したビットトレントに続く上場ということもあり、上場後の価格に注目が集まる。取引開始は2月28日10時(UTC)。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック