4月1日から仮想通貨取引所「ビットバンク」未成年へのサービス終了へ

「ビットバンク」未成年へのサービス終了へ
国内大手仮想通貨取引所のビットバンクは、2019年4月1日時点で20歳未満の利用者に対して、サービス提供を終了する。未成年の利用者は、早めに対応することが求められる。

「ビットバンク」未成年へのサービス終了へ

国内大手仮想通貨取引所のビットバンクは、2019年4月1日時点で20歳未満の利用者に対して、サービス提供を終了する。ただ、日本円の出金・仮想通貨の引き出しは、対象日以降も利用可能となっている。

出典:bitbank

未成年の利用者は、早めに対応することが求められる。

出典:bitbank

出典:bitbank

出典:bitbank

上図で示したように、未成年者へのサービス停止の規約改定はすでに行われている。

昨年の金融庁研究会でも言及があったように、外国為替証拠金取引と同様に、未成年者に対する同意書や、各取引所ごとに年齢制限を設ける(現状国内口座開設は20歳以上が大半)など、若年層への保護強化の動きが強まる可能性もある。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所ビットバンク:日本円振込「24時間365日対応」で利便性が飛躍的に向上
国内大手仮想通貨取引所bitbankは、10月9日より、全銀ネットの金融機関が24時間365日、銀行間即時振込に対応すると発表した。全銀ネットには、銀行だけでなく信用金庫など、国内ほぼすべての民間金融機関が加盟している。
金融庁の認可を受けた仮想通貨自主規制団体「JVCEA」、マネーフォワードなど5社の加入を発表
金融庁から正式に認可されている自主規制団体、日本仮想通貨交換業協会が仮想通貨交換業社登録の申請中、または申請を予定している5社の入会を発表した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用