「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家、仮想通貨ビットコインを人生初購入|懐疑的な姿勢から一転

「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家が仮想通貨ビットコインを購入
世界有数の投資家マーク・ファーバー氏が、仮想通貨に懐疑的な姿勢から一転して、BTCを購入したことが判明した。大手仮想通貨企業XapoのCEOと対談したことが理由の一つとなったという。

「ブラック・マンデー」を予測したスイスの大物投資家が仮想通貨ビットコインを購入

仮想通貨に懐疑的な姿勢を示していた、スイスを代表する投資家「マーク・ファーバー氏」が、今までの立場から一転して、ビットコインを購入していたことが、独金融メディアCashのインタビューで明らかになった。

富裕層向けの資産運用も行うファーバー氏は、スイスを代表する投資アナリストで、1987年に発生した株式市場の歴史的大暴落「ブラック・マンデー」を事前に予測したことから、”クラッシュの預言者(Crash Prophet)”と呼ばれている。

ファーバー氏は金融市場に対して悲観的な立場を持つことが多く、Gloom Boom Doomのニュースレターや、逆張りの投資戦略で知られるカリスマトレーダーだ。

そんなファーバー氏は、インタビューで以下のように語っている。

10日前に生まれて初めて「ビットコイン」を購入した。

同氏は、仮想通貨に対しても懐疑的な姿勢を示していたが、今回以下の理由でビットコイン購入に至った。

  • ビットコインのテクニカル面と可能性
  • 仮想通貨企業トップとの対談

ファーバー氏は、ビットコイン価格がピーク時の2万ドル(220万円)から3千ドル(33万円)台まで下落して、バブルの過熱感が薄まったことから、テクニカル面が「大幅に改善している」と説明した。

ビットコイン価格は、大底を叩いた後、3ヶ月足で+20%程上昇している。

もう一つの理由として購入動機を挙げたのは、大手仮想通貨企業「Xapo」のCEOであるWence Casares氏と、1時間程対談したことがある。

昨年5月時点で、BTCの総流通量の1兆円相当を保管していたとされる、仮想通貨保管企業Xapoを運営するCasares氏は、「ビットコイン価格は”ゼロ”になるかもしれないが、100万ドル(1.1億円相当)になる可能性も同じ位高い」などと発言したことに興味を惹かれたと言う。

さらにファーバー氏は、このような状況を踏まえ、ビットコインの将来について以下のように述べた。

将来こそ約束されていないが、ビットコインが送金のスタンダードとなることは十分ありえる

CoinPostの関連記事

ビットコインクジラが直近2ヶ月で750億円相当のBTC買い増し|仮想通貨の大口投資家による底値を見る動きか
ビットコイン保有者ランキングのアドレスデータにて、直近2ヶ月間の間に1万BTCを超える大口ウォレットのBTC量が178,120BTC(748億円相当)増加したことがわかった。 これは2ヶ月前水準の8.8%増にあたり、他のデータからも買い増しに動いていた状況が見えてきた。
米商務省の貿易諮問機関に仮想通貨・ブロックチェーン関連企業「R3」が加入|米政府への提言も
米商務省長官は「TFAC加入企業は、米国政府に対する意見提起ができる」との利点を示し、R3社は「米政府に対し、仮想通貨・ブロックチェーンに関する展望共有に期待する」と抱負を述べた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック