【速報】米Cboe、ビットコイン先物提供を一時見送りへ|仮想通貨デリバティブを再検討

Cboe、ビットコイン先物取引の追加を一時停止
大手デリバティブ取引所であるCboe(シカゴオプション取引所)は、今月から新たなビットコイン先物契約を追加しない方針であることを発表した。仮想通貨デリバティブの戦略や方針を検討するためだとしている。

Cboe、ビットコイン先物の追加を一時見送りへ

米大手のデリバティブ取引所であるCboe(シカゴオプション取引所)が米時間14日、3月に提供する先物取引に、ビットコイン先物商品の提供を行わない方針であることを発表した。2017年12月から提供を続けていたCboeのビットコイン先物が一時的に終了することになる。

出典:Cboe

CFE(Cboe先物取引所)はCboeのビットコイン先物取引契約(XBT)を、2019年3月の先物提供で行わない。

現在、デジタル資産(仮想通貨)のデリバティブをどのように提供していくかを検討している。

次のステップを考えるまでの期間は、CFEはXBT(ビットコイン)先物取引を追加しない方針だ。なお現在取引されているビットコイン先物取引は引き続き取引される。

上記で記載されている通り、Cboeはビットコイン先物取引は、現在取引されている3つの先物契約を継続する意向を示しており、6月期の先物取引までは取引を行う方針だ。

Cboeが提供を開始したXBT先物契約は米国における初めてビットコイン先物取引だったが、競合するCMEに出来高で遅れをとっていた点が、CboeのXBT提供の検討に至ったとの見方もある。

紺色のCMEの月間出来高はコンスタントにCboeの取引量を上回っており、Cboeは2018年5月から継続して10億ドルを下回っていた。

出典:TradeBlock

出来高は現状減少傾向にあったため、市場への影響は大きいとは見られていないが、伝統的なデリバティブ取引所でのビットコイン先物提供が一時的に見送られる点は、業界において大きなニュースとなるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

CoinPostの関連記事

米CboeビットコインETF申請を再び提出|専門家が予想するSECの最終判断時期とは
Cboe(シカゴオプション取引所)とVanEck社、SolidX社が1月24日に取り下げされていたビットコインETFに関する申請を再度、米SECに提出したことが判明。米トランプ大統領が政府閉鎖を解除してから1週間後に再提出する形となった。
仮想通貨取引所クラーケン、先物開始から一ヶ月の取引量が1100億円超を記録|ビットコイン以外にも需要集中
2月5日に買収と先物取引の開始を発表した大手仮想通貨取引所クラーケンが英国の仮想通貨企業をCrypto Facilities社を買収してから1ヶ月、多大な取引量と顧客の増加が見られたことが判明している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック