保有して資産を増やす PoS採用の仮想通貨に注目拡大|ステーキングの総額は4000億円に

PoS系の仮想通貨、ユーザーのステーキング活発
仮想通貨データサイトDiarは新たなレポートを公開し、PoSのアルゴリズムを利用する仮想通貨のステーキング総価値は40億ドル弱と明かした。
PoSとは
保有による証明(Proof of Stake)。コインの保有量などによってブロックの承認比率が変わり、新規発行の仮想通貨が貰える仕組みのこと。マイニング(採掘)ではなく、フォージング(鋳造)と呼ばれる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

PoS系の仮想通貨、ユーザーのステーキング活発

仮想通貨データサイトDiarは新たなレポートを公開し、PoS(Proof of Stake)のアルゴリズムを利用する仮想通貨の約7割は、「平均約40%の流通数がステーキングにロックアップしてある。」を明かした。

PoSアルゴリズムは、マイニングを行うPoWに続き注目されているアルゴリズムで、イーサリアムも大型アップデートを経て、PoWからPoSへの以降を予定している。ステーキングと呼ばれる保有資産に応じて、ブロックの承認比率(信頼度)が変動するアルゴリズムで、現状どれほどの仮想通貨がステーキングされているかに注目が集まっていた。

Diarによれば、「現在最もステーキングされているプロジェクトは、EOSであり、昨年のメインネットのローンチ時はステーキングの数は少なかったが、現在ではPoSブロックチェーンにおけるステーキングトークンの過半数をEOSのトークンが占めている。」と明らかにしている。

なお、ステーキングにロックアップされているトークンの総価値は40億ドル弱(約4463億円)を記録している。

この総額は、今後PoS移行を予定しているイーサリアムの時価総額の4分の1に該当する。

出典:Diar

下図では、現在PoSのリターン率の最も高いプロジェクトの順位が記録されている。なお、イーサリアム、Polkadot、カルダノ(ADA)、OmiseGo(OMG)は未だPoSではないため、図に反映した数字はDiar社の予想値である。

出典:Diar

経済・仮想通貨アナリストAlex Krugerは、Diar社のこのレポートを受けて、「仮にイーサリアムが分裂しないアップデートを実装し、PoSへ移行すれば、ETHの相場には強気になるだろう。」と、期待感を見せている。

先日ついに第三段階である大型アップグレード「Constantinople/St. Petersburg」が終了し、次なるアップグレード「Istanbul(イスタンブール)」の提案募集および実装予定日(10月)は予定されているが、実際PoSへの移行がなされる「セレニティ」の仮実装予定日は未だ不明である。

一方で、イーサリアムのコア開発コミュニティは、イーサリアム2.0である「セレニティ」のロードマップや、特徴の設計・開発の進捗状況を定期的に更新し、公開している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

イーサリアムのコア開発者「ファンダメンタルズが重要」仮想通貨市場の現状に対する見解を示す
イーサリアムのコアデベロッパーであるLane Rettig氏が取材に応じ、現在の仮想通貨市場やイーサリアムの現状についての見解を示した。
イーサリアムの開発者コミュニティ、新アルゴリズム「ProgPoW」に関して再び議論
15日に開催されたイーサリアム開発者会合にて、ASICマイニングの耐性を強化する新たなアルゴリズム「ProgPoW」について意見が交わされた。ETH保有者が投票できるコミュニティサイトによると大多数が新アルゴリズム導入に賛成の見方である。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら