楽天傘下の仮想通貨取引所みんなのビットコイン、SNSアカウントを本日閉鎖 新サービスを4月に控える

みんなのビットコインがSNSアカウントを閉鎖
4月に楽天の新体制としてスタートする仮想通貨取引所楽天ウォレットに先駆け、現在運営を行うみんなのビットコインのSNSアカウントが本日閉鎖される。 新サービス開始へ準備が進んでおり、4月からのサービス開始を待ち望む声も大きい。

みんなのビットコインがSNSアカウントを本日閉鎖

楽天ウォレットが運営を行う仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」は本日27日をもって、ツイッターとフェイスブックのアカウントを閉鎖すると発表した。

同取引所の運営会社は2月13日に商号を「楽天ウォレット」に変更、コーポレートロゴも一新しており、3月25日には資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として、金融庁関東財務局の登録を受け、仮想通貨交換業者の登録を完了した。

楽天体制の元、新たな新サービスの開始を4月に控えている同取引所は、すでに取引を停止、4月1日の9時には口座へのログインページも閉鎖される予定で、新たに楽天サービスのサイトURLやSNSアカウントが開設、公開されるものと見られている。

これまでのサービスを引き継がずに新たな取引所やサービスとしてスタートする楽天ウォレット、4月からの新サービス開始を待ち望む声も大きい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】金融庁、楽天とディーカレットの「仮想通貨取引所」を認可|今年2例目で登録を本格化
日本金融庁は25日、新たに「楽天ウォレット株式会社」と「株式会社ディーカレット」仮想通貨取引所2社を正式に仮想通貨交換業者に登録したことを発表した。本格的に新たな日本の仮想通貨取引所が動き出す。
仮想通貨の税制を変える会の藤巻健史議員と楽天ウォレットの山田社長が「仮想通貨決済の普及」を議論
今年4月から新サービス開始予定の仮想通貨取引所「楽天ウォレット」社長と藤巻議員が仮想通貨決済の普及を議論した。三木谷氏が代表を務める新経済連盟は、税率20%の申告分離課税適用について日本政府に提言している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら