人気お笑い芸人「たむけん」経営の焼肉店、仮想通貨ADA決済を導入へ

焼肉たむら、仮想通貨ADA決済を導入へ
人気お笑い芸人で実業家の「たむらけんじ」氏が経営する炭火焼肉たむらで、仮想通貨ADA決済が実現する可能性が出てきた。近日開催予定の米ブロックチェーンサミットでは、ADAPAYの使用で入場チケットが20%オフになるサービスも。

焼肉たむら、仮想通貨ADA決済を導入へ

人気お笑い芸人で実業家の「たむらけんじ氏(@angoutsuukalove)」が経営する炭火焼肉たむらで、仮想通貨ADA決済が実現する可能性が出てきた。

これは、仮想通貨業界の有名トレーダー「指針(@silverfox789123)」氏の「ADAカードで焼肉食べたい」とのコメントに、たむけんが仮想通貨アカウントで答えたもので、EMURGOが後押ししたことで、日本の飲食店でもADA決済が導入が実現する公算が高まった。

EMURGOとは

日本人の児玉健氏が代表を務めるEMURGOは、カルダノを支援する運営母体の1つだ。

Cardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高める。

ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、ベンチャー企業の支援を行っている。

ADA決済をめぐる動きとしては昨年12月上旬、メタップス子会社のメタップスプラスとEMURGOが、プラットフォームへの仮想通貨ADA統合を完了し、世界初の「仮想通貨ADAカード」を韓国でローンチした。

ADAカード

「ADAクリプトカード」は、韓国でメジャーな大手コンビニエンスストア「GS25」や「Emart24」を含め、3万以上の加盟店において、日々の生活の中で使用できる。

カード購入は実物のカードタイプの「ギフトカード」または「モバイルギフトカード」の2種類があり、モバイルアプリで簡単にチャージでき、100ADA(当時レート340円相当)と1000ADA(3400円相当)での購入ができるほか、韓国内の様々なショップで使用可能だという。

なお、4月17〜18日に米国のマイアミで開催される予定で、革新的なブロックチェーン技術の業界リーダーがつどう「IOHK Summit 2019」では、カルダノ(ADA)払いが可能な「ADAPAY(エイダペイ)」を使用することで、20%割引でチケット購入可能な特典が付与されている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ADA:韓国のモバイル決済プラットフォーム「メタップスプラス」と提携
株式会社EMURGO(エマーゴ)は、日本のフィンテック企業「メタップス」の子会社メタップスプラスが、時価総額7位の仮想通貨「ADA」と提携したことを発表しました。メタップスプラスのアプリプラットフォームでは、すでに10億DL以上されており、パートナー店舗3.3万店以上での、決済及び提携プロモーションでの使用を予定しています。
仮想通貨ADA(エイダコイン)とは|今後の将来性について
ADA(エイダコイン)は、Cardano(カルダノ)というオンラインカジノプラットフォームで用いられる仮想通貨です。そのエイダコインの特徴や将来性について解説しています。
▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら