仮想通貨取引所バイナンス初、3つのプロジェクトへ助成金を提供|オープンソース支援の姿勢を示す

仮想通貨取引所バイナンス初、3つのプロジェクトへ助成金
Binanceは3つのブロックチェーンプロジェクトへの助成金を提供した。今回はモバイルウォレットやプライバシー型メッセージサービスといったプロジェクトが対象。

バイナンスの投資部門、3つのオープンソースプロジェクトへ出資

BinanceのVC部門「Binance Labs」はオープンソース・ブロックチェーン技術を開発するスタートアップ3社に15000ドル(約170万円)ずつの助成金を提供したとを発表した。今回の出資はBinance Labsの「フェローシッププログラム」の一環であり、出資対象となったスタートアップ3社は同プログラムの最初の参加者としてBinanceから継続的な支援を受けることとなる。

そして、対象となったオープンソース・プロジェクトの内容は次のようなものとなっている。

  • Ironbelly
  • 匿名技術Mimblewimbleを搭載した仮想通貨Grin用のモバイルウォレット

  • HOPR
  • プライバシー保護に焦点を当てたメッセージング・プロトコル

  • Kitsune Wallet
  • アップグレード可能なオンチェーン・ウォレット

Binance Labsのディレクターを務めるFlora Sun氏は、イノベーションには熱心な開発コミュニティと新たなプロダクトを市場に提供する起業家が必要であるとした上で、今回の助成金出資について次のように発言した。

我々の役目は、ブロックチェーン市場の発展や利用拡大のインフラを構築するアーリーステージ(早期段階)のプロジェクトを支援することだ。

また、Binance Labsは昨年12月に、アーリーステージのブロックチェーン・プロジェクトを支援するインキュベーションプログラムの拡大を発表。新たにその拠点を、ベルリン、ブエノス・アイレス、ラゴス(ナイジェリア)、シンガポール、そして香港に設置していくとした。

オープンソース・プロジェクトを支援する意義

世界最大手取引所Binanceのようなオープンソース・プロジェクトに対する支援の姿勢は、ブロックチェーン業界の発展には欠かせない要素であるだろう。

なぜなら、資金調達における課題によってそれらのプロジェクトの持続可能性に問題が生じることがあるからだ。また、もう一つ重要な理由として、資金の問題が解決することでプロジェクトチームが開発に専念できるようになることも挙げれる。

プロジェクトにおいて多くの時間を開発に注げるということは、プロダクトの質やその開発速度の向上にもつながる。

また、Binance Labsは、フェローシップ参加企業に対して、資金援助以外にも技術面でのアドバイスやリサーチデータの提供などといった形での継続的な支援を行っていくとしており、今後の業界の発展に積極的な姿勢を示している。

▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら