中国の仮想通貨取引所は規制をくぐり抜け、運営の再開を目指す

中国の規制をくぐり抜けるために、取引停止などの影響を受けた取引所は新しいモデルで運営展開を目指す
ビットコインの規制を行った中国ですが、中国の取引所は、複数法定通貨の使用及び、P2P取引を取り入れることで中国の規制を回避しようとしています。中国人民銀行が中国取引所の新たな動きに対してどのような対応を取るのかが注目されています。
目次
  1. 運営展開方法とは
  2. 運営展開の背景には
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

運営展開方法とは

中国は、世界一のビットコイン取引市場としての地位を取り戻せるのでしょうか?

中国での報道によると、少なくとも2つの最大級の取引所が2017年10月31日の仮想通貨取引禁止の施行後も、中国本土で運営を続けられる方法を模索しているようです。

OKEx及びHuobi.proは、既存の単一通貨への互換性だけでなく、複数の法定通貨に互換可能なP2P(ユーザー同士)のビットコイン取引を提供する予定です。

情報源は、中国のブロックチェーンメディアであるcnLedgerによるもので、このメディアは今までの中国での変更点も正確に発信していました。

もし中国の取引所が実際に、このP2P(相対取引)への取引を取り入れたとしたら、中国人民銀行の規制局はそのままこの抜け道を見逃すのか、それとも規制を広げて、P2Pの取引も禁止するのかが注目されています。

どちらにせよ、国際的なビットコイン市場における規制が入るまでの中国の影響力を考えると、この結果は、少なくとも短期的に見て、ビットコイン価格に影響を与えることは確実と言えるでしょう。

運営展開の背景には

OKExは、OKCoinという中国における巨大ビットコイン取引所の開発者チームを抱える、香港基盤の金融派生商品取引所であり、先日Tether(USDT)取引のプラットフォームへの参加を表明しました。

CNYをUSDTという1USDT≒1USDというほぼ等価の仮想通貨に変換することで、中国当局の規制を回避することができるからです。

Huobi.proは、世界最大級のビットコイン取引所であったHuobiの国際版です。

この企業は、香港シンガポールに新しいオフィスを設立し、中国本土での規制を補うために国際的な取引所の継続及び規模拡大を目指しています。

Chinese Bitcoin Exchanges Have Reportedly Found a Loophole in the Ban

Oct 31st, 2017

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

中国の仮想通貨取引の規制を受けて、中国本土で運営していた取引所は停止せざるを得ませんでした。

その際に、中国国外で取引所を登録していたBinance取引所は運営を続けることができ、多くの通貨を取り扱い、規模を拡大して、むしろこの規制の恩恵を受けたと言ってもいいでしょう。

中国大手仮想通貨取引所のOkcoinとHuobiのオフィスを国外に移し、P2Pの取引方法を取り入れることで、規制をかいくぐり運営の展開を目指しています。

しかし、P2P取引のため、信頼性と安全性のリスクはあるでしょう。また、中国の取引所が再開が後押しされているという情報もありますが、CNYをUSDTに変換し、取引をすることで中国当局の規制を回避し、運営の展開をすることで、海外からの流入も計算できるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加