新たな「ビットコイン・イーサリアムに連動するETF」米SECが審査へ

BTC・ETHに連動するETFが申請へ
新たな仮想通貨ETFの申請が米SECへ提出された。現在VanEck版など2つのETFを審査中のSECがどのように判断するか5月の中旬には再び結果が出る予定。

BTC・ETHに連動するETFが申請へ

米デジタルアセット投資会社Crescent Crypto Asset Managementの子会社が新たな仮想通貨ETF「USCF Crescent Crypto Index Fund」の承認申請を行ったことが、米国証券取引委員会(SEC)の公表 から明らかになった。これによりETF承認の行方が再び注目を集める展開が予想される。

SECが公表した5月9日付けの申請書によると、「USCF Crescent Crypto Index Fund」は「XBET」というティッカーシンボルでニューヨーク証券取引所に上場を計画している。BTCとETHの時価総額加重ポートフォリオ(時価総額の比例を反映する)の連動を目的としており、大手ETF管理会社US Commodity Funds がスポンサーを務める。

USCFは商品先物取引委員会(CFTC)および商品先物取引法(CEA)に基づく、全国先物協会の監督下にあるコモディティー・プール・オペレーター(CPO)だ。

同社はXBETについて以下のように説明している。

XBETは上場投資信託である。つまりXBETを売買する投資家の多くはブローカーを通して取引注文を行い、慣習的な仲介手数料および料金を支払う必要性が生じる可能性がある。XBETは「XBET」というティッカーシンボルで取引される予定であり、他の上場証券同様、入札日を通して売値・買値で取引される。

Crescent Crypto Asset Managementは元ゴールドマン・サックスのバンカー3人(Michael Kazley氏、Christopher Matta氏、Ali Hassan氏)が、2017年にニュージャージーで立ち上げたデジタルアセット投資スタートアップだ。

受動的なルールベースのアプローチを用いて「投資適格クリプト」のリターンを得ることに重点を置いたデジタルアセット・インデックスファンド「Crescent 20 Index Fund」を主力としている。

ファンドで取り扱われる仮想通貨は全てコールドストレージに保管されており、毎月リバランスが行われるとのことで、信頼性と安全性をアピールしている。投資サービスのほか、コールドストレージのコンサルティングサービスやデジタル資産投資調査も提供しているとのことだ。

5月中旬は価格変動に要注意?

XBETの申請により、SECは3つの承認を検討することになる。現在市場の注目は、今月16日に延期された可決判断が予定されているBitwise版ETFと21日に予定されているVanEck版ETFに集まっている。両ETFの判断は本来4月に予定されていたが、さらに最長240日、つまり10月まで再延期されるとの見方が強い。

現時点でSECの承認を受けた仮想通貨ETFは存在しないものの、一部のアナリストや専門家は「近い将来、世界初の仮想通貨ETFが生まれる」と主張している。

またSECのコミッショナーを務めるRobert J. Jackson氏は2月上旬のRoll Call紙のインタビューで、「最終的には規制当局が設定した基準を満たしたETFが生まれるだろう」と、個人的な見解を述べた。

ファンドやファミリーオフィス、富裕層など大規模投資家向けの仮想通貨プライムディーラー「SFOX」は4月に公表したレポートの中で、今月中旬に予定されているETF承認可決判断や、「Consensus」を筆頭とする主要な仮想通貨およびブロックチェーン・カンファレンスでの議論内容が、「仮想通貨の価格変動に大きな影響をあたえる」と予想している。今月は仮想通貨市場の動きに対し、特に念入りにアンテナを張り巡らしておく方が賢明だろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック