なぜバフェット氏はビットコインをバブルだと考えるのか

バフェット氏は、仮想通貨は、物理的には存在しないものであり、利益も配当もないため、評価が難しいとの考えを示している
仮想通貨がこの現代金融において入り込む余地はあるとしているものの、ビットコインなどの仮想通貨に対しては懐疑的です。

もし何かが”仮想”だとすれば、それは実際に存在するのでしょうか?

この質問は、我々がホモ・サピエンスであった時代から私たちを悩ます種となっています。

ビットコインや、その他の仮想通貨を語るにおいて、この問いは非常に重要なものとなっています。

私たちは、株式や債権、紙幣、そして、商品としてのトウモロコシや麦の売買を行うことができますが、これが成り立つのは、実際にこれらのものがこの地球上に存在しているからであり、多くのものが電子化される傾向になっていることを考慮しても、それらを物理的に輸送することができるのです。

そんな中で、史上最高峰の投資家とも謳われるウォーレン・バフェット氏は、

ビットコイン価値を生み出すものでないため、ビットコインを評価することはできません。そのような意味でいうと、本当のバブルでしょう。」

と言及しました。

今までのバフェット氏の評論を読み続けえきた人達からすると、彼の観点は正しいように思います

仮想通貨は有形資産ではないですし、利益や配当があるものでもありません。

本質的な価値、または、帳簿価格も無いのであればどのように評価すればよいのでしょうか。

そして、ビットコインを購入している人は、価格が上がることに賭けているにすぎません。

現代の金融において、仮想通貨が入り込む余地は充分にあると私は主張してきましたが、政府がその仲介通貨を独占することには疑問を抱いています。

私たちには、コンピュータのコードが実際に、現物通貨を代替できるのかを考えるべきなのです。

を含む、通貨重要な要素は、その総量が限られているということです。

これは、政府が紙幣を刷り続けると多くの場合インフレーションが起こることからも正しいと言えるでしょう。

ビットコインにも、上限はあるとされているようですが、どのようにして作成されたのか、誰によって作成されたのかが明確でないことは問題であると感じます。

しかし、バフェット氏には本質的に危惧していることがあるのです。

何が起きているか分かり得ないということは、透明性の欠如を表しており、それは、実際の価値はない可能性もあるのです。

彼は、以下のように語りました。

「私にはよく理解できません。ビットコインは、規制されていないですし、コントロールもできていないですし、連邦準備制度や中央銀行によって管理されているわけでもありません。私は、ビットコインを全く信用していないのです。これは、将来破滅するのではないかと思っています。」

人々は、株式や希少性のある金属という従来の投資商品に対して投機を行うこともできますが、ビットコインがそれらとは、似て非なるものであることを理解するべきなのです。

PayPalの創業者の1人である Peter Thiel (以下、シエル氏)は、

「ビットコインは、金とは違うもの」

と語っています。

さらにシエル氏は、

「私は、ほとんどの仮想通貨に対して懐疑的です。そして、多くの人がそれは、金のように資産保全のようなものだと、少々過信しているように思います。さらに、それは支払いに使用する必要もないのです。」

と言及しました。

私たちは、このように相違を測るべきです。

まず、全世界で採掘された金は、集められたとするのであれば、大きなスイミング・プールに物理的に入れることが可能なのです。

しかし、仮想通貨では、そうはいきません。それは、仮想名義の資産としての評価を再確認させるものであると考えています。

土地やサッカーの試合などに投機を行うことは、個人の自由です。

それは、人間の性です。

しかし、仮想通貨は、金のように物理的にあなたが手に取れるようなものではないことを認識しておくべきなのです。

Why Buffet Sees Bitcoin Bubble

Nov6, 2017 by John Wasik

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPostの考察

投資の神様として知られているウォーレン・バフェット氏が、ビットコインや仮想通貨に懐疑的な印象を持つことは、誰が管理し、どこで発行されているのかわからないものであることが要因であります。

このことは機関投資家も同じようにビットコインを捉えているため、今までは運用資金をビットコインに向けることはありませんでしたが、その状況が変わりつつあるのかもしれません。

先物のビットコインやETFと言った金融商品が誕生する可能性が高くなっています。

しかし、これが実現したとしてもそれは商品として取り扱われることであって、ビットコイン自体の仕組みに変化はありません。

バフェット氏のようにこの仕組み自体が新しいものであるため、懐疑的な印象を持つ人のビットコインに対する考えの変化がビットコインをはじめとする仮想通貨の広がりにも影響を与えることになるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加