ルイ・ヴィトンの親企業などで開発、高級ブランドの真贋証明ブロックチェーンとは

ルイ・ヴィトンなどの高級ブランド、ブロックチェーン活用
ConsenSysは高級ブランドの真贋証明に用いることができる、ブロックチェーンを活用したAURAというプラットフォームを正式発表。ルイ・ヴィトンの親会社LVMHやマイクロソフトと構築している。

高級ブランドの追跡にブロックチェーン活用

米ニューヨークを拠点にするブロックチェーン企業ConsenSysは、コンソーシアム型ブロックチェーンを活用したAURAというプラットフォームを発表した。世界的に有名な高級ブランドであるルイ・ヴィトンの親会社LVMHとマイクロソフトと協力して構築しているという。以前からニュースでも報じられていた内容だが、今回は正式にプレスリリースでの発表だ。

イーサリアムのブロックチェーン技術とマイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォームMicrosoft Azureを活用するAURAは高級ブランド業界に特化したプラットフォームで、商品の材料を選ぶところから販売までのプロセスを追跡をすることができる。製造の記録やその商品が本物かどうかを顧客も確認することが可能だ。

現在ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなどLVMHのいくつかのブランドがAURAの導入に向けて動いており、さらにブランドの数を増やそうと話が進んでいるという。他の高級ブランドのグループを含め、世界的に普及させていく狙いだ。

LVMHの製造に関してはブロックチェーン技術を用いることによって今は詳しく知ることができる。製造の過程で1つ1つの製品がブロックチェーン上に記録され、その時点で情報の複製が不可能になる。購入者は商品を買う時にブランドのアプリを使い、AURAを通して商品の情報を確認することができる。ブロックチェーンの特徴を活かし、透明性のある情報をもとに安心して買い物ができるようになるだろう。

AURAで使われるブロックチェーンはコンソーシアム型であるため、どんな高級ブランドでも参加することができる。高級ブランドによる、高級ブランドのためのプラットフォームだ。

AURAのメインパートナーの1つであるConsenSys。そのブロックチェーン部門の責任者であるKen Timsit氏は、AURAは高級ブランド業界において革新的なプラットフォームで、ConsenSysはLVMHと協力してこの業界に貢献できることを誇りに思っていると述べた。イーサリアムのブロックチェーンを用いて非中央集権的でありながらも各ブランドのプライバシーなどは守っていきたいとしている。

LVMHが高級ブランド商品の追跡にブロックチェーンを活用しようとしていることはCoinPostでも今年の3月に報じた。前回と違い今回の発表はパートナー企業のプレスリリースのため、確実にAURAの実用化が近づいていると思われる。世界的著名ブランドの実用例がブロックチェーンの認知度向上など業界に与えるインパクトに注目したい。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら