『ビットコイン金利ビジネス』中国で7000BTC相当の詐欺行為

61億円相当のビットコインを騙し取る、中国人OTCトレーダーの詐欺
中国国営メディアによれば、ビットコインOTC運営者が金利ビジネスを謳った「預金詐欺」を行い、100名以上のOTCトレーダーから60億円相当のBTCを騙し取った。背景には当局の仮想通貨規制がある。

7000以上のBTCを騙し取った「ローン」詐欺

中国人のビットコインOTC事業運営者(2名)が、100名以上のOTCトレーダーから「ローン詐欺」を行い、7000BTC以上(60億円相当)のビットコインを騙し取ったと、中国の国営経済メディア「bjnews.com」が報じた。

ローン詐欺とは、投資家から集めたビットコインに対して金利を配るとするもので、運営するOTC事業を通して資金を集めていたという。4月中旬より20名のOTCトレーダーが警察へ通報、被害が報告された。

詐欺を行ったとされる人物は、中国政府の検閲と監視を迂回するため、人気メッセンジャーアプリWeChat上でビットコインなどのOTC取引を2年以上行い、OTCトレーダーから信頼を得て、ビットコインの預金による「金利ビジネス」を行なっていた。

bjnews.comの解説では、ビットコインを預金に預けた投資家はその金利の配当を予定通りに受けていなかったが、上述の2人は様々な口実で遅延を誤魔化そうとしていたという。事態が悪化しながらも、2人はビジネスを継続させていたが、杭州の警察当局へ通報されたことで、現在は拘留中とのことだ。

このような仮想通貨の金利ビジネスは、中国や米国でも盛んになり始めており、日本人投資家にもリーチするものもあるため、資金を預ける投資家は注意が必要となる。

中国国内で行われる仮想通貨取引

以前でも報じたように、中国国内の仮想通貨トレーダーは、未だ主に中国元やUSDTなどを利用し海外の取引所(VPN経由)や「WeChat」上でP2Pの取引を行うが、現状では中国で仮想通貨の取引や関連事業を全面禁止している中、国内の仮想通貨OTCトレーダー全体にどのような影響を及ぼすか注視する必要があるだろう。

なお、現状では一般的に禁止されている仮想通貨取引であっても、中国の政府当局は全ての取引活動を取り締まることができず、当初WeChatなどのプラットフォームでの関連ビジネスを禁じる方針を発表したものの、今回のような事件はその抜け穴が垣間見える。

さらに先日、英国の「金融行動監視機構(FCA)」が2018・2019年度のイギリス国内における「FX・仮想通貨関連」の詐欺被害総額が約2700万ユーロ(約38億円)に及んだことを明らかにした

FCAによれば、2018年の同国における一人当たりの投資詐欺被害額は、約830万円から200万円へと減少したものの、1800件以上の詐欺被害が告発され、2017年と比較すると報告件数が約4倍に増えた。なお、その告発件数の80%が仮想通貨関連の被害案件だという。

このように仮想通貨に絡んだ投資詐欺は散見されており、日本国内でも金融庁から投資家などへ詐欺に対する注意を呼びかけている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら