「アートxブロックチェーン」のスタートバーンがSBIインベストメントから追加資金調達、美術品オークション市場の活性化へ

「アートxブロックチェーン」のプロジェクト
スタートバーン社は23日、SBIインベストメントのベンチャーキャピタルファンド「SBI AI&Blockchain」を通じて追加の資金調達が行われたことを発表した。美術品オークション市場の活性化を目指す。

「アートxブロックチェーン」のプロジェクト

「アートxブロックチェーン」に取り組むスタートバーン株式会社は23日、SBIホールディングス株式会社の子会社でベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社が運営する「SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合」を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

今回の資金調達は、3月19日に発表したシリーズA調達ラウンドの追加調達の位置づけとなる。

また、スタートバーン株式会社は同日、UTEC、SXキャピタル、電通等から3.1億円の資金調達を行なったことを発表しており、ブロックチェーンネットワーク・接続ASP開発の加速、事業提携・共同事業を含めた国内外のビジネス展開、知財戦略及び採用強化などに活用するとしていた。

SBIホールディングス子会社のSBIアートオークション株式会社との業務提携を通じて、オークションセールでのブロックチェーン証明書活用をはじめ、デジタルアート事業、アートの分割所有など、ブロックチェーン技術を用いてアート市場を拡大する取り組みを2019年内より順次展開予定だ。

今回の資金調達及び業務提携は、次世代のアート流通インフラを構築するため、SBIグループホールディングスが持つ「アート」「ブロックチェーン」等のノウハウを活用して新しいアート活用の形を共同で模索し、世界に普及させることを目的としている。

スタートバーン株式会社とSBIアートオークション株式会社は、美術品オークション市場の活性化を目指し、ブロックチェーン技術を応用したアート作品に関する所有権の証明などの共同プロジェクトを2019年4月のセールより順次開始する。

ブロックチェーン証明書の発行も

ブロックチェーン証明書には、タイトル、サイズ、技法といった作品情報のほか、所有履歴情報(名前、価格など非公開にしたい情報の記載は不要)や修復履歴、著名美術館やギャラリーに展示された履歴、オークションでの出品履歴など様々な情報を記録できる。

ブロックチェーン証明書(イメージ)

これらを第三者が改ざんすることが困難なため、アート作品の所有権や真贋の証明書が偽造されるリスクが飛躍的に低くなる。

また、スタートバーンが運営するブロックチェーン証明書発行サービスは、国内外の他のブロックチェーンネットワークとの互換性があるため、美術品を安心して購入できるようになり、ブロックチェーン証明書自体が作品の価値を高めることが期待される。

スタートバーン株式会社の概要

スタートバーンは世界中のアーティストそしてアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供し、より豊かな社会の実現を目指す会社です。

アート関係者がオープンに利用できるパブリックチェーン上へのアートブロックチェーンネットワーク構築に向けた取り組み、オンラインサービスstartbahn.org、法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開しています。

会社名 スタートバーン株式会社
代表者 代表取締役 施井泰平
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ255
設 立 2014年3月26日
HP https://startbahn.jp/


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら