ビットコイン富豪の天才少年が「仮想通貨の積立投資アプリ」をローンチ

ビットコイン富豪の天才少年が投資アプリをローンチ
12才当時に始めたビットコイン投資と独自サービス売却益で4億円を稼ぎ出した天才少年が、BTC投資アプリをローンチした。教育熱心なスタンフォード大出身の両親との「18才までに1億円稼げたら大学に進学しなくて良い」との約束も実現していた。

ビットコイン富豪の天才少年が投資アプリをローンチ

12才の時に1,000ドル分のビットコインを購入し、現在では4億円相当の約460BTCを保有する天才少年Erik Finman氏(20才)が、ビットコインの投資アプリをローンチした。

「Coinbits」アプリは、『マイクロ・インベストメント』という積立型の投資戦略を利用し、投資家は毎日最低1ドル(110円ほど)の資金をビットコインへ投入できるという。システムは自動的に設定された金額でビットコイン投資を行うが、ユーザーは任意のタイミングで停止させることや、出金も自由に行える。

このシンプルな投資アプリをローンチした背景には、先日Finman氏がYahoo Financeの番組で、ビットコインが解決せねばならない4つの課題を取り上げたことにある。

  • 遅い送金速度
  • 高い送金手数料
  • ビットコインコミュニティの派閥がある
  • 新規ユーザーの利用環境が整っていない

Finman氏は、米若年層に人気のオンラインメディアCheddarの取材を受け、上記の4番目の問題点を緩和するためにCoinbitsアプリを開発したと述べている。

「未だ一般人がビットコイン市場への参加することが容易でなく、複雑だ。」とその真意を明かした。その他の問題点に対しても、Finman氏はCoinbitsのローンチを布石に、今後もそれらの解決に努めていくとビットコインとブロックチェーン技術に対する信念を見せている。

少年の生い立ちと背景

Finman少年は、8年前(当時12才)の2011年、当時まだ無名に等しかった仮想通貨ビットコインを祖母からのギフト1,000ドル(11万円)分を投資用に購入。その後2015年(当時16歳)には、独自開発した「オンライン教育プログラム」の売却益でさらに300BTCを増やし、2019年現在では約458BTCを保有しているという。現在の相場に換算すると4億円近くに相当する。

12才の若さでビットコインを購入した背景には、米ウォール街に対する問題があったという。

当時ウォール街のビッグマネーに対抗する運行「ウォール街を占拠せよ」に参加したFinman氏は、ビットコインが象徴する革命性に魅了された。

中学校でいじめを受けていたFinman氏は一時不登校になっており、学校に行かなくても教育が受けられる環境を望んでいたという。そのことで、教育熱心なスタンフォード大出身の両親と「18才までに100万ドル(1億円)を稼ぐことが出来たら大学に進学しなくて良い」との約束を交わした。結果、黎明期のビットコイン投資や、独自開発した「オンライン教育プログラム」の売却などで、その約束を実現させた。

弱冠20才のFinman氏が、今後どのようなビットコイン関連ビジネスを立ち上げ、問題解決に取り組んでいくか注視したい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック