楽天とJR東日本、キャッシュレス化推進に向けて連携|楽天ペイでSuicaチャージが可能に

楽天とJR東日本、キャッシュレス化推進に向けて連携
楽天ペイメントとJR東日本は、キャッシュレス化の推進に向けて連携を発表した。スマホアプリ「楽天ペイ」アプリ内で、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の発行やチャージができるようになる。

楽天とJR東日本、キャッシュレス化推進に向けて連携

楽天グループの楽天ペイメント株式会社とJR東日本は、キャッシュレス化の推進に向けて連携することを発表した。開始時期は、2020年春を予定している。

これにより、楽天ペイメントが運営するスマホアプリ「楽天ペイ」アプリ内で、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の発行やチャージができるようになるとともに、全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗での支払いに利用できるようになる。

対象端末は、「おサイフケータイ(R)」に対応したAndroid(TM)端末ということで、iPhoneのiOSには現時点では対応しておらず、今後検討していくとしている。

目的としては、「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行・チャージが可能となることで、「Suica」の利便性向上を挙げた。

また、「楽天ペイ(アプリ決済)」の利用者は、アプリ内での「Suica」のチャージで、「楽天スーパーポイント」が貯められるようになるほか、新たにアプリをダウンロードしたり、クレジットカード情報登録したりすることなく、快適・安全に「Suica」機能を利用できるメリットがある。

楽天ペイメントとJR東日本は、キャッシュレスの推進に向けて、これからも様々な分野での協業を検討して行くとしている。

楽天ペイメント株式会社について

楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。現在、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。

お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングプログラムを通じたビジネス支援を提供しています。

https://payment.rakuten.co.jp/ 

CoinPostの関連記事

JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」に仮想通貨チャージを検討|キャッシュレス社会で普及するか
金融庁に認可を受けたばかりの仮想通貨交換業者ディーカレットが、JR東日本の「Suica」を含む複数の電子マネーで、今年6月から順次、仮想通貨でチャージ出来るサービスを検討していることが分かった。チャージ出来るのはビットコインではなく、独自ステーブルコインの可能性がある。7500万枚発行されるSuicaは、大手コンビニなど58万店で利用可能。
楽天の仮想通貨取引所、始動は6月|新たな国内取引所予定一覧も掲載
楽天グループの連結子会社が運営する新たな暗号資産取引所「楽天ウォレット」は、6月に取引サービスを開始すると発表。なお、新規口座開設の無料申込受付は、「4月15日」より開始する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら