次世代ブロックチェーンプラットフォーム「mijin Catapult (v.2)」製品版を一般公開、NEMパブリックチェーンとの連携強化

mijin Catapultの製品版を一般公開
テックビューロは、汎用型プライベートブロックチェーンの次世代コアエンジン「mijin Catapult (v.2)」の製品版を公開した。ブロックチェーンの法人における実サービス導入を後押しするだけでなく、NEMパブリックチェーンとの連携もより一層強化していく。

mijin Catapultの製品版を一般公開

テックビューロ ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ ホールディングス」)は、2015年9月より提供する汎用型プライベートブロックチェーン製品「mijin」の最新版次世代コアエンジン「mijin Catapult (v.2)」の製品版を公開し、エンタープライズ向けライセンスの提供を開始した。

mijin Catapult (v.2)は、2018年5月に開発者向けにオープンソースの提供を開始して以来、約1年間にわたり開発と検証を続けてきた。

製品版では、従来のmijin (v.1)と比べて、機能・性能・仕様のすべての面においてバージョンアップを施し、異なるブロックチェーン間でのトークン交換や複数トランザクションの一括処理を可能にするなど、課題であった処理速度、スケーラビリティの両面で大幅なグレードアップを実現している。

「製品版の提供を通して、ブロックチェーンの法人における実サービス導入を後押しするだけでなく、世界を支える社会インフラとしてブロックチェーンが創造する未来を見据え、NEMパブリックチェーンとの連携もより一層強化していく」としている。

mijin について

「mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。

既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者が当社に合流して開発した金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

テックビューロ ホールディングスグループについて

テックビューロ ホールディングスグループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」とトークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。

mijinについて – https://mijin.io/

COMSAについて – https://comsa.io/ja/

なお、本製品版の公開に合わせ、実証実験用プロトタイプアプリ開発および出張セミナー開催に関する無料キャンペーンも同時開催いたします。

キャンペーン概要

特典内容:1)プロトタイプアプリ開発、2)出張セミナー開催

実施費用:1)2)共に無料

募集期間:2019年6月12日(水)〜7月31日(水)

応募対象:mijin Catapult (v.2)を使った事業を検討中、あるいは興味がある全国の法人企業

当選社数:1)2)各3社 ※応募多数の場合、抽選にて当選社を決定いたします。

当選発表:2019年8月15日までに当選社担当者あてに直接ご連絡差し上げます。

(当連絡をもって発表にかえさせていただきます)

申込方法:下記URLよりお申し込みください。※1)2)同時申込可。応募は1社1回まで。

「mijin」は、企業が管理するネットワーク上で、指定したノードだけ参加することができる「プライベート」なブロックチェーンを構築するためのプラットフォームです。トークンの発行、流通、勘定を簡単自由に行うことができ、トークンエコノミーの創造を加速します。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ネム(NEM)『カタパルトアップデート:ドラゴン』注目の機能を公式発表
仮想通貨NEMの次世代フル機能コアエンジン、カタパルトのサーバー第4マイルストーン『Dragon』がリリースされる。ノードが受益者用のパブリックキーを設定することで、リワード分配が可能に。
NEM JAPANがNEM財団に事業返却|カタパルト機能の意見も募集中
NEM財団がリージョン制を廃止し、新体制へ移行したのに合わせ、今月末までにNEM JAPANを「日本窓口」へと変更する。なお、同窓口ではカタパルトのロードマップの提言も募集している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら