コインベースが発行する仮想通貨VISAカード、欧州6ヵ国の利用を追加

Coinbase Card、UK以外6カ国の対応追加
米最大手Coinbaseが4月よりUKで発行するビザデビットカード「Coinbase Card」が、新たに欧州6ヵ国で利用可能になったと発表した。Coinbase UKのCEOは、カードの発行と利用に対する需要が高いと言及している。

『コインベース・カード』UK以外6カ国の対応追加

米最大手仮想取引所Coinbaseが発行する仮想通貨ビザデビットカード「Coinbase Card」は新たに欧州の6ヵ国における発行・利用が可能になったと、米CNBCが報じている

新たに加わった国は、スペイン・ドイツ・フランス・イタリア・アイルランド・オランダ。UKを含み、実質7ヵ国で利用できるようになっている。

Coinbaseは今年4月、Visa(ビザ)と連結して、仮想通貨を利用するデビットカード「Coinbase Card」を初めてイギリスで発行した。

発表当時、Coinbaseのユーザーは所有するCoinbaseの取り扱う仮想通貨銘柄をカードを通してイギリス(UK)内で店舗やオンラインショップで消費できると発表した。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、ライトコイン(LTC)を含めるCoinbaseが取り扱うすべてのアルトコインもカード対応の仮想通貨リストに入っている。

なお、サポートする法定通貨は英ポンドとユーロである。

出典:Coinbase

仮想通貨の実利用に関して、Coinbase UKのCEOを務めるZeeshan Feroz氏はCNBCの取材に応じて、「ビットコインを利用してスーパーで買い物したら、ライトコインを使ってカフェでコーヒーを買ったりすることができる。」と述べた。より身近かつ多くの国で仮想通貨の利用が期待できるだろう。

またFeroz氏は4月のUK向けのデビットカードに関して、「カードの発行が着実に増えている」と、具体的な数字を明かしていないものの、最初の1000枚発行数(無料)を超えていると言及した。

着実に進む仮想通貨の決済利用

Coinbaseと日常生活に浸透しているVisaとの合作は仮想通貨の決済普及を促進していくと期待されている。Coinbaseが最初にCoinbase Cardを発表した数週間後には、米仮想通貨決済サービススタートアップFlexaはスターバックスなどで決済できるアプリSPEDNを公式に発表した。

Flexaは、米国の大手リテール企業15社と提携し、全米の店舗において利用可能となっている。

出典:SPEDN

現在、決済サポートとなっている仮想通貨銘柄は、BTC・ETH・BCH・GUSDとの4つである。ビットコインなどはもちろん、イーサリアムなども「通貨」とした実利用がより広範囲に普及することで高まる需要は、市場にも直結するとされている。

このように、大手企業やスタートアップが手を組み推進する仮想通貨の決済事業は今後も拡大していくと考えられる。

スターバックスなど米15社、仮想通貨決済開始

スターバックスなど米大手企業15社、仮想通貨決済受け入れ開始へ
スターバックスやアマゾンが保有するホールフーズ・マーケットなど15社が仮想通貨決済を受け入れていることが現在開催中の大型カンファレンス「コンセンサス」にてわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら