「ビットコインは今後18ヶ月で前代未聞の強気相場へ」|モルガンクリーク設立者が経済番組で言及

Pomp氏は今後18ヶ月がビットコイン相場において重要とみる
米デジタル資産運用会社Morgan Creek Digitalの共同設立者Pomp氏は、今後18ヶ月でビットコイン相場が大きく動くと予測した。その主な根拠として2つの要因を挙げている。

今後18ヶ月で相場が動く

米デジタル資産運用会社Morgan Creek Digitalの共同設立者Anthony Pompliano、通称Pomp氏は、仮想通貨番組「Bloxlive TV」で、次の18ヶ月がビットコイン相場において重要な時期になると発言した。ここ最近は調整局面にあるが、今後のビットコイン価格について強気な姿勢を崩していない。

Pomp氏によると、中央銀行の金利引き下げや、2020年5月に予測されているビットコインの半減期が、今後のビットコイン相場を”超強気”に追いやるという。同氏は番組内で、それについて次にように発言した。

次の12〜18ヶ月で、ビットコイン相場に”嵐”が訪れるだろう。いくつかの重要イベントが同時に起きるからだ。

中央銀行の金利引き下げやQE(量的緩和政策)などの出来事が、ビットコインを前代未聞の強気相場へと導くはずだ。

Pomp氏の過去の発言

Pomp氏は、以前から一貫して今後のビットコイン価格について強気なスタンスを取り続けている。

以下のように、今後10四半期の間に、800%の価格上昇を遂げるとも発言している。

そのような発言の背景として、ビットコインの半減期が主要な要因の1つとして挙げれるが、それを根拠に強気な予想を示すのはPomp氏だけではない。

米仮想通貨投資会社グレースケールも、過去2回のビットコインの半減期12〜18ヶ月前の価格水位を参考に、今後の価格上昇の可能性を指摘している。

CoinPost関連記事

「2020年のビットコイン半減期を考慮すると投資のタイミングは今」米グレースケールの分析
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、来年5月20日と予測されている次なる半減期を前に、2012年と2016年に起こった過去2回の半減期とビットコイン価格の相関性を分析した。

複数のファンドや業界における著名人が、今後の「強気相場」を予測しているが、過去の半減期の事例と同様の価格上昇を遂げていくのか。実際に相場も上昇の兆しをみせる中、さらなる注目が集まっていくだろう。

CoinPostの関連記事

「ビットコインが10,000ドルの壁を突破すれば、5ヶ月以内に40,000ドルまでムーンする」米仮想通貨投資アナリストが分析
米投資アナリストのトム・リー氏は、ビットコイン10,000ドル復帰は時間の問題だとし、突破することが出来れば、5ヶ月以内に40,000ドル到達の可能性も高いと予想した。
4年ぶりの最重要ファンダ「ビットコイン半減期」まで残り1年、仮想通貨市場への影響を探る
2020年5月頃に見込まれるビットコイン半減期。2016年以来、4年ぶりの”最重要ファンダ”が仮想通貨市場に与える影響と、海外専門家の見解など今後の展望を解説。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら