アマゾンでのイーサリアム決済実現へ|仮想通貨決済の普及に手応え

イーサリアム決済可能にするブラウザ拡張機能が新発表
仮想通貨決済企業のCLIC社とOpporty社がアマゾンでのイーサリアム決済を可能にするブラウザ拡張機能を開発したことを発表。イーサリアム系統のERC-20トークンなども対応されていく予定としている。

アマゾンでイーサリアム決済が可能に

大手ネットショッピングサイトのアマゾンでの仮想通貨イーサリアム決済を可能にするブラウザ拡張機能を、仮想通貨決済企業のCLIC社とOpporty社が連携して開発に着手していることがわかった

通常イーサリアムのネットワークでは1秒間のトランザクション処理数はおよそ20だが、アマゾンのHP平均では300となっており、仮想通貨が実際に決済で活用される際のネックとなる部分とされている。

そこで仮想通貨決済企業のCLIC社はブロックチェーン企業のOpporty社と提携、ビットコインのライトニングネットワークに対応する形で、ヴィタリック・ブーテリン氏が以前提案した「Plasma Cash」技術を導入した。これにより決済スピードの向上に手応えを表しており、公式プレスリリースでは既存の大手クレジットカード企業ビザやマスターカードに匹敵する決済速度を持つと両社の関係者は語った。

対応銘柄としてまずはイーサリアムが利用可能となるが、イーサリアムネットワークを基軸に開発が行われているため、今後はERC20トークンやERC721基準の通貨・トークンも追加していく方針だ。現在アマゾンやその他の大手ブランド店舗での仮想通貨決済を可能にするアプリケーションは複数公開されているが、ERC20トークンなの決済も提供するプラットフォームは多くない。

なおアマゾン自体は仮想通貨の導入を大体的に公表していないが、アマゾン上での仮想通貨決済を提供するアプリは今年に入り話題を呼んでいた。4月下旬にはビットコインのライトニングネットワーク技術を活用した決済プラットフォームMoonが注目を集めた。

また5月中旬に仮想通貨の大型カンファレンス「Consensus 2019」にて、スターバックスやアマゾン傘下のWhole Foods社などを含む15社での仮想通貨決済を可能にするアプリ「SPEDN」が発表されている。このようなアプリではイーサリアムの取り扱いを行なっているものの、イーサリアムやERC20トークンのみの取り扱いには至っていない。

仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は以前「いずれアマゾンが仮想通貨を発行する日は来る」と予想していたが、今後も世界を代表するeコマース大手企業がどのような形で仮想通貨と関わるかは注目ポイントとなるだろう。

CoinPostの関連記事

Amazonでビットコイン決済可能に、ライトニング活用のブラウザ拡張機能が公開間近
アマゾンで仮想通貨決済を可能とするブラウザ拡張機能が、今週中に実装される可能性が浮上した。Chrome側の認可が下り次第、米コインベースの口座から仮想通貨を利用した購入が可能となる。
スターバックスなど米大手企業15社、仮想通貨決済受け入れ開始へ
スターバックスやアマゾンが保有するホールフーズ・マーケットなど15社が仮想通貨決済を受け入れていることが現在開催中の大型カンファレンス「コンセンサス」にてわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら