「フェイスブックの独自仮想通貨は業界にとって前向きだ」リップル社CEOがブルームバーグTVで語る

リップル社CEOがフェイスブック独自通貨との違いを説明
マネーグラムとの提携を発表した直後のリップル社CEOのガーリングハウス氏が、ブルームバーグTVでフェイスブックの独自通貨について言及。業界にとって前向きな動きであるとの見解を示し、リップル社製品や仮想通貨XRPとの違いを解説した。

リップル社CEOがフェイスブック独自通貨について言及

大手送金企業マネーグラム社との提携を発表したばかりの米国の大手ブロックチェーン企業リップル社CEOであるブラッド・ガーリングハウス氏が、ブルームバーグTVのインタビューに出演。発表されたばかりのマネーグラムとの戦略的提携や日本時間19日頃に発表が見込まれるフェイスブックの独自通貨に関して言及した。

マネーグラム社の株式取得について

リップル社は米時間17日、マネーグラム社に対して最大5000万ドルの出資を行い、世界で2番目の規模を誇る送金企業であるマネーグラム社が仮想通貨XRPを駆使するxRapidを活用していくことが発表していた。ガーリングハウス氏は正式に発表されたマネーグラム社との戦略的提携について以下のように言及した。

(今回の提携は)リップル社のみならず、業界にとって大きな一歩だ。

企業などからのブロックチェーンや仮想通貨に対する関心は高いが、実験段階の企業が未だ多いのが現状だ。しかし、リップル社では実際の顧客の現実的な課題を解決している。

コスト面での利点

またガーリングハウス氏は、従来の送金企業では、資金を海外口座に貯めておく必要があることを指摘して、xRapidを採用することで資金を貯めずに直接的な送金を可能になると説明。「従来、海外の口座に分散しなくてはいけない資金(流動性)が削減できる」とXRPを活用することがxRapidの利点だと述べた。

さらに、以前送金大手のウェスタン・ユニオンがリップル社の製品を実証テストしていたことについても言及。同社が製品を試した際は採用にこそ至らなかったが、リップル社のベータ版がウェスタン・ユニオン社製品の効率性と同等だったことがわかっていた点について以下のように言及した。

ウェスタン・ユニオンが何十年も費やして築き上げたネットワークに我々はすでに追いついたのである。

株式取得について

またリップル社は、今回マネーグラム社に対して提示した株式取得の詳細についても言及。すでに同社に対して3000万ドル(約32億円)の初期投資を行い、同社の株式を1株4.10ドルで購入したと説明。また追加で2000万ドル分の株式を1株当たり4.10ドルから購入することが可能であるとしながら、以下のように出資への経緯を語った。

以前はアリババがマネーグラム社の買収を図ったが、地政学的な要因に実現には至らなかった。そのため、戦略的に合理的な資産だと見ていた。

今後もマネーグラム社と提携して仮想通貨がどのように業界に変化をもたらすのか期待している。

フェイスブックの独自通貨について

また現在業界内外から注目を集めているフェイスブック社からの発表が予定されている独自通貨についても、ガーリングハウスは「ブロックチェーン・仮想通貨市場にとって非常にポジティブな動き」だと見解を示した。「反政府的な思想、そして金融機関に対する不信感から生まれた技術」である仮想通貨が大手企業から認められつつあることを示す事例であるからと説明した。

フェイスブック社のブロックチェーン部門を牽引するDavid Marcus氏がPayPalなどで経歴を持つことから、「顧客向けの送金システム」構築に貢献するだろうと前向きに語った。

フェイスブックの独自通貨との差別化

さらに一部では、フェイスブック社の仮想通貨がビットコインや仮想通貨XRPなど既存の通貨からの注目を奪い取ることが懸念されているが、ガーリングハウス氏は以下のようにフェイスブック社の独自通貨に負けない自信を示した。

フェイスブックはインスタグラム、メッセンジャーやワッツアップなど、消費者向けの企業だと言えるだろう。

しかしリップル社は大手銀行や中小の送金決済企業などのインフラ整備に努めている。弊社は個人を対象としているのではなく、様々な送金ネットワークに相互運用性を提供しているため、フェイスブック社が提供する商品は(リップル社製品や仮想通貨XRPとは)異なる通貨だと考えている。

今後の計画

最後に今後の展開について語ったガーリングハウス氏は

まだ実働開始から6,7ヶ月経たないxRapidについて触れ、「既存の顧客を重要視しながら、今後も世界中でメキシコ・ペソとフィリピン・ペソ以外の送金回廊を築きたい」と引き続き送金ネットワークを拡大していく計画に尽力していく姿勢を示した。

関連記事

【速報】世界大手送金企業Moneygramがリップル社のxRapidを国際事業で採用|仮想通貨XRP価格が急騰
米リップル社が大手送金企業のマネーグラム社と戦略的提携を正式に表明。特大材料にXRP価格が年初来最高値まで一歩に迫る50円まで高騰した。仮想通貨XRPを一部で活用するxRapidを同社の国際事業で採用していくことを市場が好感した。
米リップル社との送金革命期待でマネーグラム株急騰、仮想通貨XRPのプラクティカルユース拡大へ
米リップル社とマネーグラム社の提携発表で株価が高騰した。ビットコイン高騰で市場規模拡大が注目される中、XRPによる国際送金システム使用での送金効率化とコスト削減による収益増、さらなるプラクティカルユース拡大が期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら