仮想通貨取引所バイナンスに「BTCB」上場|ビットコイン100%担保の独自通貨

バイナンスにBTCBが上場
仮想通貨取引所バイナンスにBitcoin BEP2(BTCB)が上場した。CZ氏はBinance DEXへの上場も提案している。

バイナンスにBTCBが上場

世界最大の仮想通貨取引所BinanceにBitcoin BEP2(BTCB)が今日、上場された。取引ペアは以下の1種類だ。

  • BTCB/BTC

取引開始時刻は日本時間で2019年6月8日午後5時からとなる。

BTCBとはバイナンスの独自ブロックチェーン「Binance Chain」上で発行するトークンで、基準プロトコルBEP2を用いており、ビットコインを100%担保にした独自の仮想通貨だ。

バイナンスがビットコインのペッグ通貨BTCBを発行する理由として、バイナンスDEXにて通常のビットコインやイーサリアム、XRPといったBinance Chainを利用しない仮想通貨銘柄を取り扱えない点が挙げられる。

バイナンスDEXはメインネットBinance Chain上で稼働する取引所であることから、上述したBEP2基準のトークンしか取り扱うことができない。つまりその他のブロックチェーンとの互換性が無いがない。

DEXではBinance.comと異なり、新規プロジェクトが発行したトークンが主であり、市場シェアと流動性を増やすためのBTC建てなど、主要通貨の取引ペアが必要、とコミュニティから声があがっていた。

バイナンスはBTCBの発行について、「DEX上でもBTC建てを可能にするためには、それのペッグ通貨を発行する必要がある。」と説明。すでにBinance.comに上場している銘柄についても、そのペッグ通貨と取引ペアを促進していく姿勢を示した。

今後、Binance Chainを利用し、より多くの非BEP2銘柄(既存の仮想通貨銘柄)をBTCBのようにペッグし発行するプロジェクトが現れる可能性が考えられ、Binance ChainとDEXの利用も増加していくとみられる。またつい先ほど、CEOのCZ氏はBinance DEXへの上場も提案している。

BTCBがDEXへ上場

BTCBの上場申請はバリデータ(承認者)の投票により、承認された。現在、バイナンスDEXのベースペアとしてBNB/BTCBの取引ペアが可能となっている。

BTCのバイナンス・チェーン版通貨として、どのように需要があるか注目されだろう。

仮に需要が多ければ、バイナンスはより多くのBTCをロックアップし、発行する可能性がある。よってBTCの全体市場流通量は減少し、その希少価値を伴うとも予想される。

CoinPostの関連記事

バイナンスの分散型取引所、開始2ヶ月で出来高総合100位にランクイン
バイナンスが手がける分散型取引所Binance DEXが、CoinMarketCapの取引所出来高ランキングで、100位以内にランクインした。分散型取引所としては極めて早い増加ペースでの到達となる。
バイナンス、ビットコインを担保にしたペッグ仮想通貨「BTCB」を発行
仮想通貨取引所バイナンスは、ビットコインを100%担保にした独自の仮想通貨【BTCB】を発行するとの発表を行なった。DEXで主要通貨の取引を可能にすることが目的となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら