米FRBパウエル議長「仮想通貨リブラは潜在的利点とリスク両方持つ」規制当局からの高い期待値

米連銀議長、フェイスブック通貨は「利点とリスク両方持つ」
米国連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が新発表の仮想通貨リブラについて言及。新たな通貨の誕生に前向きな姿勢を示した。

米FRB議長、リブラ「利点とリスク両方存在する」

米国連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がフェイスブック社主導で発表された仮想通貨リブラについて言及し、「潜在的な利点とリスクの両方」を持つなどと発言した。海外メディアのCNBCなどが報じた。

また米時間17日に発表されて話題を集めている仮想通貨リブラについて、パウエル議長はフェイスブック社が発表する以前から規制当局と対話を重ねていたことを明らかにした。

多くの企業が様々なフィンテック分野におけるイノベーションを続けている。

フェイスブック社は発表前の段階で多くの規制機関と対話を重ねており、我々(米国の連銀)もその一部に含まれていた。

このようにフェイスブック側が事前に各国の規制当局やその他企業側と連携をとっていた姿勢を示している。さらにパウエル議長は仮想通貨リブラについて以下のように述べた。

スケールの大きい通貨となる可能性が見込まれるため、潜在的な利点とリスクの両方が存在する。

そのため安全と規制の面における整合性への期待値は高いものとなるだろう。

フェイスブック社の影響力、そしてリブラ協会の大きさを考慮して規制当局との連携は必要であることとパウエル議長は説明。なお仮想通貨の規制は連銀が行うものではないが、「送金システムにおける重要なインプットを持つ」ことからほとんどの影響力は国際舞台において発揮すると述べた。

なお昨日、イギリスの中央銀行である「イングランド銀行」のMark Carney総裁はリブラついて、「グローバルにおける最高水準の規制を遵守する必要がある」と指摘した。リブラ協会がどのように、ユーザーの個人データを保護しながら、アンチマネーロンダリング法を遵守するかについても疑問視する姿勢を見せた。

よって、パウエル議長は自分自身のリブラに対する意見がCarney総裁の発言と見解に一致するとも言及した。

仮想通貨が法定通貨を置き換える可能性

さらにパウエル議長は今後仮想通貨が既存の法定通貨を取り換える可能性についても「まだ先だろう」と以下のように予想した。

デジタル通貨はまだ初期段階にある。 そのため仮想通貨が中銀の金融政策執行にもたらす影響は考えにくいだろう。

仮想通貨リブラ、政府関係続報

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは
賛否両論で注目されている仮想通貨リブラについて、米国会上院の銀行委員会は公聴会を7月16日に開催する。同時期に下院の金融サービス委員会によるフェイスブックの役員らに対するリブラ関連の公聴会も開かれる可能性が考えられる。
「フェイスブックの仮想通貨リブラは、最高水準の規制を遵守する必要性がある」英中銀総裁
英イングランド銀行総裁は、フェイスブック主導の仮想通貨「Libra」を公平な視点で評価するも、各国における最高水準の規制を遵守する必要があると指摘した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら