仮想通貨ビットコイン今後の展望|ウィンクルボス兄弟も重視する10,000ドルの心理的節目

ウィンクルボス兄弟も注目するBTC心理的節目
米仮想通貨取引所ジェミナイを運営するウィンクルボス兄弟らが10,000ドル(108万円)の心理的節目について見解を述べている。ビットコイン(BTC)の上昇要因に触れながら、今後のムーブメントを予想した。

ウィンクルボス兄弟も注目するBTC心理的節目

4月上旬の上昇を境に、仮想通貨市場は好調な推移を続けている。なかでも60%弱のドミナンス(市場占有率)を誇るビットコインは、年初来で+150%の高騰を記録。4月1日時点の価格と比較しても、+100%以上の上昇を見せてきた。

ビットコインの再上昇を展望するウィンクルボス兄弟

ビットコインが上昇を続ける中、大勢が同様の見方を占めるのが、BTC価格=10,000ドルの節目を超えられるかどうかだ。

海外でも、10,000ドル(約108万円)を突破した後に「FOMO」の発生を予見する声が多く、2012年以降から仮想通貨に投資を続けるウィンクルボス兄弟も同様の見方を示した。

タイラー・ウィンクルボス氏は、ビットコイン価格が10,000ドルを突破した場合、「すぐに15,000ドルが次のターゲットとなる」と上昇のモメンタムが市場に押し寄せると予想している。

このように上昇する理由として、ウィンクルボス氏は以下のような要因を挙げた。

  • ビットコインを金と比較
  • ネットワーク効果
  • BTC価格の10,000ドル到達が2度目となる

「ビットコイン=デジタル・ゴールド」

2012年の夏にイビザでビットコインの話を最初に聞いて関心を持ったウィンクルボス兄弟は、当時からビットコインに着目する理由としてビットコインが「デジタル・ゴールド」である点を挙げていた。

ビットコインと金を比較すると、ビットコインの方が優れている点が多いと語り、今年1月にも「ビットコインが金の時価総額である7兆ドル」をいずれ超えると予想。長期的な投資としてビットコインの将来性を有望視している。

CoinPost関連記事

ウィンクルボス兄弟「ビットコイン時価総額はいずれ760兆円(約100倍)を超える」 AMAで仮想通貨ETFの課題克服や独自のステーブルコインについて言及
仮想通貨取引所ジェミニを手がけるウィンクルボス兄弟が日本時間8日、世界最大級の掲示板サイトReddit上でAMAセッションを開き、ビットコインETFやビットコインの将来性ついて力強く語った。

ネットワーク効果

またウィンクルボス氏は、ビットコインがデジタル・ゴールドであると同時に、最終的には「ネットワーク」である点にも言及。これを理由に、メトカーフの法則とも呼ばれる「ネットワーク効果」が発生してビットコインを使用するユーザーの増加に伴い、ビットコイン・ネットワークの価値(価格)も上昇すると考えている。

ネットワーク効果とは

いわゆる「メトカーフの法則(Metcalfe’s law)。通信ネットワークに関する法則で「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗に比例する」というもの。デジタルアセットである仮想通貨は、ゴールド(金)とは異なり、関連アプリなどの市場拡大も見込める。

通常インターン上のネットワークはユーザーが2人しかいなかった場合は利用可能なケースは一つだけだが、メトカーフの法則では利用可能なパターンは x(x-1)/2の方程式で指数関数的に増えていくことが確認されている。ウィンクルボス氏はビットコインがインターネットと同様、ネットワークである点からこの方程式をビットコインに応用、そのためユーザーが増えれば増えるほどビットコインの価値が上昇すると思考だ。

再びの10,000ドルライン接近

またもう一つの上昇要因として、次にビットコイン価格が10,000ドルを再び突破した際は、ビットコインの上昇に対する実感が増加して、さらにモメンタム(弾み)がつくと予想している。

ビットコイン価格が最初に10,000ドルの大台に到達したのは、2017年11月28日(①)、仮想通貨バブルの最中であった。ビットコイン価格は心理的節目を突破した後に一時的に反落したが、その後12月18日に20,000ドル目前まで到達するまで、驚異的な続伸を見せた。

しかし2018年以降、大手取引所のハッキング事件や世界的な規制強化などネガティブサプライズが相次いだこともあり、バブル崩壊とともにトレンドが転換した結果、7000ドル台まで急落(②)。2月上旬に一時11,000ドルまで戻り高値をつけた(③)ものの、以降は10,000ドルを超えずに伸び悩んでいる(④)。

一時3000ドルまで大幅下落していた。

価格上昇のもう一つのモメンタム:FOMO

また、米投資アナリストのトム・リー氏も、同様に10,000ドルを重要ラインとして指摘。リー氏はこの節目を抜けた際に投資家のFOMO、または取り残されることを避けようとする心理が作用して、さらなる価格急騰に繋がるだろうと予想している。

FOMOとは

「Fear Of Missing Out」の頭文字をとった言葉で、周囲に取り残される・何かを見逃してしまうといった恐怖を意味する。情報化が加速するここ数年で現れた「バズワード」の一つ。

実際にビットコイン価格が10,000ドルを突破した際、リー氏が予想するように投資家資金がBTCに殺到すれば、ウィンクルボス氏が予想した通り15,000ドル(約160万円)もあながち非現実的ではなくなるかもしれない。ただし、心理的節目の達成感から急落するリスクも十分あるため、慢心は禁物だ。

現在、米ドル建では9200ドルまで到達しているビットコイン価格だが、今後もボラタイルな局面が予想されるため、価格推移を注視したい。

関連記事

「ビットコインが10000ドルの節目を迎えた時、FOMOが発生する」米投資アナリストが分析
米国の投資アナリストであるトム・リー氏がビットコイン市場に新規投資家の焦り買いが殺到するポイントが110万円のラインであると分析。過去のBTC相場を振り返りながら「FOMO」を考察した。
フェイスブック独自通貨はビットコイン普及の起爆剤となるか|専門家が主張する根拠とは
世界有数の企業の高い関心も集めているフェイスブックの独自通貨が、長期的にはビットコイン普及を促進要因になると複数の専門家は考えている。ビットコインと「グローバルコイン」の違いを比較しつつ、その根拠を解説。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら