関連ワードに「半減期」も、仮想通貨ライトコインのGoogle検索数が過去最高を記録

ライトコインの検索数が上昇
米国での仮想通貨ライトコイン検索数が、直近1年間の最高値を記録した。関連ワード5位以内に「litecoin halving date」がランクインしており、半減期への関心の高まりを示している。

「Litecoin」の検索数が直近1年間で最高水準へ到達

キーワードの人気度を調査できる「Googleトレンド」によると、6月9日〜15日のLitecoin(ライトコイン)の検索数が、ここ1年で最も高い数値を記録した。価格推移との相関関係も見られ、投資家の関心の高まりを示す、指標の1つとして捉えることができる。

以下は、Googleトレンドが示す「Litecoin」への関心の推移を示すグラフだ。数値は、特定の地域(今回は米国)と期間について、グラフ上の最高値を基準として検索インタレストを相対的に表したものであり、100の場合はそのキーワードの人気度が最も高いことを示し、50の場合は人気度がおよそ半分であることを示す。

出典 : Google Trends

検索数が最高値に達した期間の内、6月12日にライトコイン価格も年初来最高値を記録した。一時JPY建で15,000円の値をつけ、同日に時価総額が4位に浮上している。

また、検索の関連キーワードの5位以内に「litecoin halving date」が入り、それが「急激増加」となっている点にも注目したい。「halving」とは半減期のことで、ライトコインのマイニングによる報酬が半減するイベントを意味する。ライトコインはこの半減期が約2ヶ月後に迫っている。

出典 : Google Trends

半減期は、新規発行通貨の減少(供給量減)により、供給量の減少による市場の需要の影響が価格に反映されやすいやすいため、その期待感が高まることによって、仮想通貨市場特有のファンダメンタルズ要因となっている。今月の価格の上昇の要因も半減期が大きく関係していることが検索キーワードの結果からも明らかだ。

ただ、半減期を境にマイナーの報酬が実質的に半減すること、マイナーの収益性、ひいてはハッシュレートの反落ポイントとなり得る可能性もある。様々なデータを参考にし、ライトコインの今後の動きには注意したい。

Litecoin、ライトコインの関連記事

半減期に向けて高値を更新するライトコイン、上昇と反落の注意点は?|仮想通貨朝市況
年初来高値を更新するライトコインの注目ポイントをマイニングの収益分岐点に関する内容などから考察。ビットコイン相場の短期、長期のポイントも。
トロン代表が落札したバフェット「5億円昼食」、ライトコインのチャーリー氏もゲスト参加へ
TRONのCEOが、世界三大投資家バフェット氏との会食権を5億円で落札した件で、ライトコイン開発者のゲスト参加が判明した。ゲストは最大7名まで招待可能で、高い関心が集まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら