LINEクレジットカード「LINE Pay Visa」今年8月の予約開始を発表、初年度還元率3.0%

LINEのクレジットカード「LINE Pay VISA」、今夏開始
LINE CONFERENCE 2019で、クレジットカード「LINE Pay VISA」の詳細が発表された。唯一の決済スポンサーであるVISAと、東京五輪2020マーケティング領域における協業も行う。

LINEのクレジットカード「LINE Pay VISA」、今夏開始

LINE社は27日、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」で、「LINE Pay VISA クレジットカード」の詳細を発表。信販業界大手のオリコが発行することも初めて明かされた。

提携カードは、

  • 初年度年会費無料
  • 初年度還元率3.0%
  • モバイルに最適化されたサービス提供

を予定。今年8月の予約開始を目標に展開する。

また、「東京五輪2020」では、唯一の決済テクノロジースポンサーであるVISAしか使えないが、LINEは、VISAと「マーケティング領域における協業」を発表した。新たなフィンテックサービスの体験をともに生み出すとしている。

VISAとの取り組みは、アジアにおけるモバイルペイメントポイント普及のための包括的なパートナーシップとなっており、VISAはLINEペイを「アジア地域における重要かつ強力なパートナー」として選定した。

今後VISAとは、

  • 革新的決済サービスの提供
  • 加盟店サービスにおける協力体制
  • フィンテックサービスの協業

などを行なっていく。

なお、戦略事業である「LINE Pay」については、今後革命を迎えるにあたり、国際的なモバイルペイメントプラットフォームに進化していくと強調した。すでに口座数4800万を突破し、2018年がグローバルで1兆円を超える流通総額となっているという。

CoinPostの関連記事

LINE、国内で仮想通貨取引所「BITMAX」を来月にも開始か|独自通貨ホワイトリスト入りの可能性も
LINEグループが、来月にも国内で仮想通貨取引サービスを開始する可能性が浮上した。ブルームバーグが報じた。独自トークンLINKが認められれば、数年ぶりの新規ホワイトリスト入りとなる。
LINE PayとVisaが「デジタル決済対応カード」の提供へ|ブロックチェーン・サービス共同開発も
LINE Payが決済大手Visaとの提携を発表した。アプリ内からVisaブランドの申込み・利用などが可能になるほか、ブロックチェーン技術を利用した新サービスの共同開発も行う予定。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら