CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)9日ぶりの反落、過熱感を意識し利益確定売りか|仮想通貨専門家の見解は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨朝市況
仮想通貨市場でビットコインが9日ぶりに反落。連日の上昇で過熱感が意識され売りが先行。24時間で34万円の下落幅を記録した。本日、G20と仮想通貨規制を議論するV20サミットが大阪で開催される。

仮想通貨朝市況

仮想通貨市場でビットコインが9日ぶりに反落した。1ヶ月で2倍近くまで急騰したビットコインは28日の乱高下でダウンした複数の取引所との乖離が市場を不安定化したほか、連日の上昇で過熱感が意識され売りが先行。24時間で34万円の下落幅を記録した。

AML/CFT(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策)の国際基準となる「FATF勧告」を国同士の相互審査によって策定されたものの、28日に大阪で控えるV20(G20と共同開催される暗号資産規制に関するサミット)の内容にも警戒感が生まれている。

一時150万円まで急騰したビットコインは、急ピッチな相場上昇に陰りが見えると利益確定売りを出して下げ幅が拡大。アルトコインも連れ安となり、全面安相場の様相に。

5月より堅調な推移で時価総額を続伸させていたビットコインは、26日に市場内ドミナンスで60%を突破。2017年5月以来のビットコイン偏重となり市場内資金が偏る「アルトドレイン」が観測されていた。

ニューマネーがビットコインに流れ込む中でも、アルトコインの時価総額に大きな変化はみられず、投資家心理の緩和が待ち望まれる状況にあったが、ビットコインが下落に転じると一転、アルトコインも相関性を強め、連れ安に。アルトコインのリスク資産性の高さが顕著に価格にあらわれた。

coinmarketcap

市場の転換点

今回の上昇トレンドの転換点は大きく分けて3つだ。

① ビットコインETF承認に関するフェイクニュースが米インフレンサーを中心に拡散されたことで、150万円の高値をつけるも、事実無根が明らかになると反落。心理的な節目に差し掛かっていたことや市場の過熱感も作用して大きな反落に繋がった。(チャート:黄色①)

② 市場の乱高下によって高まった出来高が影響し、米Coinbaseなど複数の取引所がサーバーダウンして一時的に機能を停止。通常稼働していた他の取引所との間で大きな価格乖離を生み出したことで、市場の不安定化や投資家心理に悪影響を及ぼした。(チャート:ピンク②)

③ シンガポール発の取引所Bitrueが、930万XRP(リップル)と250万カルダノ(ADA)ハッカーによって盗まれたことを公式ツイッターで報告。関連銘柄を中心に下げ幅が拡大した。(チャート:水色③)

いずれも、急ピッチな価格高騰によってオーバーシュートした分、市場では警戒感が生まれていた。2017年の市場高騰とはマネーフローに違いが生まれている(17年はアジア中心、19年は米国中心)ことや、CME先物出来高やグレイスケール投資信託など大口や機関投資家関連指標が急速に伸びていることを鑑みて、市場の状況は17年のバブル相場と異なるマーケットを形成している。今回は一時的な大幅調整と見ることもできるだろう。

有識者の見解

eToroの投資アナリストであるMati Greenspan氏は、過熱していた仮想通貨市場が落ち着いたと今回の相場を説明した。ビットコインに対して「1時間足らずで15%急落しても“前日”の高値に戻るとはなんて素晴らしい市場なのか」と ブルームバーグに対して語った。

今回の下落要因の一つとして、レバレッジ過多の相場が懸念されたという。機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームGenesis Global Trading社のCEOであるMichael Moro氏は、レバレッジ取引が「価格のボラティリティを激化させた」と言及。BKCM社のCEOであるBrian Kelly氏も、相場の乱高下の背景には、レバレッジ取引の増加があり、それに伴う借入金の増加がさらなる上昇の足かせになっていると同様の見解を述べた。

価格調整、または買い場とみる見方

Morgan Creek Digital社の共同設立者であるAnthony Pompliano氏は「ビットコインが前日比より10%低い価格で買える」として、短期的ではなく根幹となるファンダメンタルズ要因が重要であると述べていた。BakktのほかLedgerXでも発表された米規制下の現物決済ビットコイン先物が控えていることや、警戒されていた規制案の多くもすでに発表されたことで市場は織り込んでいる。半減期なども来年に控えるビットコインに根幹となるファンダメンタルズ要因があると考えている。

仮想通貨アナリストとして高い評価を得るJosh Rager氏も、今回の価格下落は「一時的な低下」に過ぎないと楽観的な見解を示した。

マーケットと併せて読みたい記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧