ゴールドマンサックスが独自仮想通貨の発行を計画か

ゴールドマンサックスが独自仮想通貨を発行か
ゴールドマンサックスが独自仮想通貨を発行する計画が明らかとなっている。同行はステーブルコインなどの調査を入念に行っていることも判明し、同行CEOは、JPモルガンの「JPMコイン」の後に続く可能性があるとした。

ゴールドマンサックスが独自仮想通貨を発行か

ゴールドマンサックスが独自仮想通貨を発行する計画が明らかとなっている。

フランスのニュースメディアLes Echosが今週金曜日に行ったインタビューで、米メガバンク「ゴールドマンサックス」のCEO David Solomon氏は独自通貨の発行の計画を明かした。

Solomon氏によれば、JPモルガン・チェースが以前に独自通貨「JPMコイン」を発行するが、同行もその後に必ず続くとし、資産のトークン化やステーブルコインについて、かなりの調査を進めているとのことだ。同氏は以下のように語る。

世界にあるすべての金融機関が、トークン化やステーブルコイン、あるいは摩擦のない決済のポテンシャルを模索していると思う。

またSolomon氏は、フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」について、その原理を「興味深い」と一定の評価を示し、将来はトークン化やステーブルコインが、決済システムの向かう方向だと話した。

JPMコインについて

JPモルガン・チェースが開発するステーブルコイン『JPMコイン』が、早くて今年中にも試験的なサービスが開始することが判明した。

2019年の「JPMorgan Chase 2019 Investor Day」で事業プランが公開された「JPMコイン」は、JPモルガンが国際決済領域に注力するなかで中核に位置付けるビッグプロジェクトであり、即時決済向けデジタル通貨として、分散台帳技術を使った仮想通貨に似たモデルを採用している。当初明かされていた対象顧客には、同銀行の大手顧客が挙がっていたが、新たに欧米のほか日本を含む各国の顧客が関心を示していることが明かされた。

JPモルガンのみならず、ゴールドマンサックスも独自仮想通貨の開発に参入することは、将来このようなウォール街金融機関が直接仮想通貨業界に参入する契機となるとされている。

Coinpost関連記事

機関投資家の影響は「投資家が想定するより大きい」JPモルガンが仮想通貨市場構造の変化を指摘
金融大手JPモルガンが、仮想通貨市場においてビットコイン先物や取引を行う機関投資家が与える影響は、一般投資家が想定するより大きいとの見解を示した。業界の市場構造が変化しているという。
SBIホールディングス、子会社のマネータップに新たに7銀行が資本参加発表
SBIは27日、子会社のマネータップ社に、新たに株主参加する7行(足利銀行、島根銀行、筑邦銀行、東邦銀行、東和銀行、福島銀行、その他1行)を発表した。出資参加銀行は合計20行になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら