「XRPを利用したxRapidは国際送金に最適」マネーグラムCEOが自信示す

マネーグラムCEO、xRapidの活用方法を語る
世界大手送金業者マネーグラム社のCEOであるAlex Holmes氏が、米リップル社のXRPを利用した送金システムxRapidの活用方法に言及。両社の強みを活かし、送金高速化・送金手続きの簡素化を目指すと述べた。

「マネーグラム社とリップル社の提携は最高の選択」

世界的大手送金業者マネーグラム社のCEOであるAlex Holmes氏が、米リップル社のXRPを利用した送金システム「xRapid」の活用方法を、米メディアCheddarとのインタビューで語った。

リップル社は「リップルネット」参加のマネーグラム社と戦略的パートナーシップを締結したことを今月発表。マネーグラム社は世界200カ国にある400以上の銀行、約35万拠点への送金を可能にしている世界の5大送金企業の1社である。

この提携は、仮想通貨トークンの有価証券問題に揺れる米国で、規制当局にリップル社および仮想通貨XRPが容認され、厳格な審査をクリアしたことを示唆するとされている。提携の発表を受けXRPの価格は、50円手前まで高騰し、米NASDAQ市場に株式上場するマネーグラム・インターナショナルの株も急動意していた

今回、CEOのHolmes氏はxRapidとXRPは国際送金に最適だと語っている。「マネーグラム社は流動性に長けているが処理スピードが不十分だ。リップル社は高速化の技術は持っているが流動性に欠けている。だから今回の提携は完璧な組み合わせなのだ」と説明。マネーグラム社とリップル社の強みを組み合わせた力を世界中に証明する良い機会だと意欲を示した。

提携の成功のカギは、リアルタイムでの決済だとHolmes氏は説明している。国際送金を行うには前もって現金を準備する必要があるが、xRapidを活用してそういった非効率な手間も省きたい考えだ。

今回のインタビューでHolmes氏は以下のように述べ、リップル社との提携を成功に導くことに自信を見せた。

 

リップル社の高度なプラットフォームを導入すれば、処理の自動化や速度向上が可能になる。これは当社にとってもリップル社にとっても素晴らしいことだ。

我々は可能な限り速くお金を流動させる必要があり、今回のリップル社との提携はそれを実現するための最善の手段になる。

xRapidの関連記事

SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』
SBIグループは、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」など、仮想通貨事業にも注力している。同グループの北尾吉孝CEOに、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。ビットコイン市場やリップル(XRP)の展望などを伺った。
xRapidを利用した国際送金プラットフォーム「SendFriend」が稼働開始
リップル社のxRapidを実装した出稼ぎ中のフィリピン人労働者向けの送金決済プラットフォーム「SendFriend」が米ニュージャージー州にて稼働を開始。今後アメリカ全州におけるサービス展開を目指していく。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら