仮想通貨戦争:ビットコイン VS アルトコイン

様々な特色を持ち、急激な成長を遂げているアルトコイン
既に多くの人々に受け入れられているものの、取引の遅延や手数料の増加などが危惧されているビットコインの直接的な競合相手になってきています。
ビットコインでの SegWit2x の中止の際にも、多額の資金がビットコイン・キャッシュに流入
ビットコイン、または、アルトコインのどちらかが淘汰されるという訳ではなく、市場内でそれぞれの役割を見つけ共存していくことになるだろうと言及されています。

ビットコインの長期的な危機は、中央銀行や政府によってもたらされる訳ではなく、誰にでも使用でき、独自の仮想通貨の作成が可能なビットコインに使用されている技術がもたらす可能性があります。

これは、ビットコインに挑もうとする、その他の仮想通貨の急速な供給の発達からも証明されています。

新しい仮想通貨の取引高の増加は、最終的にビットコインの価格や使用用途を崩壊させる、または、大きな影響を及ぼす可能性を示唆しています。

アルトコインの可能性

11月初頭に、興味深い状況が見て取れました。

ビットコイン・キャッシュの大口投資家たちは、大量のビットコインを保有する初期段階にあり、SegWit2xによってどんな影響が出るかについて細心の注意を払っていました。

ビットコインは一瞬にして新高値を記録しましたが、結果、ハードフォークは中止になり、その資金はビットコイン・キャッシュに流れ込んだのです。

最終的に、BTC/USD で29%の値下がりを記録し、2000米ドルも下がる事態が起きました。

これはただ単に、市場操作や大口投資家達の怒りが反映されたに過ぎないかもしれませんが、この現象が再度起こらないとは限りません。

イーサリアムビットコイン・キャッシュでは、時価総額及び、利用者が増加し、BTCの価格に混乱をもたらすほどの影響力を持ち合わせるようになっているのです。

取引的な側面以外でも、ビットコインは、取引量の増加に対応でき、安価な取引が可能で容量も大きいイーサリアムやビットコイン・キャッシュに比べてビジネス的な側面で魅力を失ってきています。

現時点で、イーサリアム・ブロックチェーンはビットコインの2倍の速度で取引を処理することができ、多くの人々がビットコインの取引遅延や手数料増加を危惧しています。

さらに、一部のアルトコインはビットコインが提供できないものも提供しています。

つまり、多くのアルトコインはビットコイン同様の実用性を持ちながら、それ以外の付加価値も持ち合わせているのです。

アルトコインによっては、速さを追求していたり、匿名性を持っていたり、投資商品としてのより良い価値を持っていたり、ボラティリティが高くトレードに優れていたりと、それぞれ付加価値を持っています。

特に時価総額や実用性で優れる複数の主要アルトコインは、投資家にリスクの分散を可能にさせるのです。

さらに、ビットコイン・マイニングが環境的な面で新たに問題となってきています。

一部の人々が危惧していたようにBTCマイニング及び、BTCの存続に必要な電力が日に日に増え続けているのです。

よって、ビットコインのネットワークやソフトウェアモデルの変革がビットコインの将来を大きく左右するでしょう。

もしこの変革が失敗、または、遅延してしまうと、市場シェアの均衡は崩れ、一部のアルトコインがビットコインに大きく近づく、または、追い抜いてしまう事態が起きてしまうかもしれません。

ビットコインの優位性

ビットコインは、以前思っていたほど健全なものではなくなってしまいましたが、未だ強力なプレイヤーであることに変わりはありません。

この仮想通貨は、セキュリティ上の不備が特に見つかることなく8年間が過ぎ、新参のアルトコインよりも遥かに長い期間使用されているのです。

さらに、ビットコインはより身近にあり、比較的多くの加盟店、取引所、ハードウェア、そして、ソフトウェアによってサポートされています。

ビットコインは、著しく流動性が高く、他のどのアルトコインよりも高い時価総額を誇っています。

そして、最大の開発者エコシステムを持ち、スタートアップを始めとする多数のビジネスを惹きつけ、より良く、実用的なものにするため多くの物理的努力、貢献、知性、そして、創造性が注ぎ込まれてきました。

歴史の浅いアルトコインやそれを使ったアイデアが利用者を増やすため四苦八苦している中、ビットコイン基盤のスタートアップは既に圧倒的多くの潜在顧客を持っているのです。

既存のBTCがあるのにも関わらず、どうして新規のアルトコインを発行するの必要あるのでしょうか。

ビットコインは、参入障壁が低く、アルトコインには普及していない組込みネットワークも有効活用でき、既に遥かに多くの利用者がいるのです。

このようにビットコインでは、ネットワーク効果や安全性が確保されていることが大きな優位性となっています。

そして、その他の増え続けている仮想通貨は、未だ詐欺や誤用が危惧されています。

仮想通貨取引所やICOは、依然として規制が行き届いていないため、投資家たちは新しい仮想通貨のニュースに対して過剰反応しているように思われます。

さらに、多くのアルトコインでは、それを意のままに操ることも可能な独裁者となり得る作成者及び、創業者が存在しているのです。

このような事実は、人々を新たなアルトコインから遠ざけるきっかけとなり得ます。

しかし、対照的にビットコインは人々からの信頼を獲得しており、ジンバブエやベネズエラのように国の通貨の代替品としても受け入れられてきているのです。

結論

現時点で、直接的な競合関係にあるビットコインとアルトコインですが、将来的にアルトコインは自身のニッチな市場を見つけビットコインとともに繁栄していくでしょう

例えば、オフラインの店舗で生じる小規模な支払いには、ライトコインドージコインを使用し、大規模、または、国際間の支払いにはビットコインが使用されるかもしれません。

匿名性を重視する取引ではモネロが使用され、スマートコントラクトではイーサリアムが使用される可能性が高いでしょう。

CRYPTO WARS: BITCOIN VS ALTOCOINS

Nov 27, 2017 by David Balaban

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加