BTC億万長者ウィンクルボス兄弟運営の仮想通貨取引所Gemini、リブラ協会へ参加か

ウィンクルボス兄弟がリブラを評価
ウィンクルボス兄弟が運営するGeminiが、リブラ協会へ参加する可能性が浮上した。ウィンクルボス兄弟はフェイスブック支援の仮想通貨リブラを高評価。

ウィンクルボス兄弟がリブラ協会加入を検討

ウィンクルボス兄弟が運営する米国の仮想通貨取引所Geminiが、リブラ協会への参加を検討していることが明らかになった。

リブラ協会は、フェイスブックが支援する仮想通貨リブラとそのネットワークの運営を支える団体で、決済大手のVisa、MastercardやPayPalなどの大企業が参加を表明している。

兄弟の1人キャメロン・ウィンクルボス氏は、米仮想通貨メディアCoinDeskに対し、「我々は真剣にリブラ協会への参加を考えている。リブラのプロジェクトは非常に楽しみだ」と語った。まずは欧州やアジアでリブラの発行を開始し、世界的に利用を拡大していきたいと意欲を見せた。

もう1人の兄弟タイラー・ウィンクルボス氏も、リブラを「仮想通貨の新たな時代が始まる前兆」とみなして前向きな姿勢を見せ、以下のように語っている。

我々は、フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの4社ほぼ全てが2年以内に独自の通貨を発行するか、少なくても発行へ動くと予想している。フェイスブックはその最初の企業になる。

「フレネミー」と言われるフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏とウィンクルボス兄弟は、一緒にハーバード大学に在籍していた過去を持つ。その時、ウィンクルボス兄弟はソーシャルネットワークのアイデアをザッカーバーグ氏が盗んだと主張。その後フェイスブックはこの訴えに対し、ウィンクルボス兄弟に賠償金を支払ったといった因縁がある。

CoinPostの注目記事

ビットコイン(BTC)反落|米FRB議長「仮想通貨リブラは重大な懸念を」
11日、BTCは一時大幅に反落した。米連銀議長が公聴会でフェイスブック主導の仮想通貨「リブラ」を懸念すると発言。その規制問題や課題点を指摘し、解決の必要性を訴えた。
年初来上昇率で他金融資産を圧倒するビットコイン(BTC)、億万長者ウィンクルボス兄弟の仮想通貨資産が倍増
今年1月以降にBTC急回復を受け、仮想通貨取引所Geminiを運営するウィンクルボス兄弟の資産額が倍増したことがブルームバーグTVで言及された。兄弟は保有資産額1000億円を超えるビリオネアとされる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら