ビットコイン(BTC)の暴落要因を探る、イーサリアムやリップル(XRP)も大幅安|仮想通貨市況

仮想通貨市場
上昇相場から一夜にして一転した仮想通貨ビットコイン(BTC)の暴落要因を探る。イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など軒並み大幅安となるなど、主要アルトコインも全面安に。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

143万円まで上昇したビットコイン(BTC)は、10日23時頃より急落をはじめ、一時125万円台まで暴落した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日、半年に一度の議会証言での米経済の見通しについて「米中貿易摩擦に関する不確実性と、世界経済の強さに対する懸念は引き続き重しとなっている」との見解を示し、「米経済成長の下支えに向け、適切に行動する用意がある」と言及するなど、7月末のFOMCで利下げに転じる意向を示唆した。

これによりドル円が下落し、ダウ先物やゴールド価格が急騰。ビットコイン(BTC)も一時追従する動きを見せたが、3度目の上昇でも143万円を抜けることができず。大口の売りで140万円を割り込むと、下げ幅を拡大した。

相場には「上げ100日、下げ3日」という格言もあるが、損失を抱えた投資家によるロスカット連鎖が発生しやすく、上昇よりも下落の方がスピードが早い。

またパウエル議長は公聴会で、下院金融委の委員長に米フェイスブックが主導する仮想通貨プロジェクト「リブラ」に対する金融当局としての見解を尋ねられ、プライバシー面、マネーロンダリング(資金洗浄)、利用者保護、金融安定などについて深刻な懸念を表明。金融安定監視評議会(FSOC)でも協議が持たれたと言及した。

直近相場の上昇要因の一つとして指摘されていた仮想通貨リブラに関する期待感が萎んだことも、相場の重しとなった可能性がある。

また、係争状態となっている米NY州検事総長がBitfinexのIEO「LEOトークン」についても証券と指摘するなど、Bitfinexとテザー(USDT)周りの不穏な動きも、相場の先行き不透明感を助長したか。現在は、米NY市民へのサービス提供に関する、規制当局側の「管轄権」が争点になっており、29日に裁判が再開される見通しだ。

ただ多くの投資家が指摘するように、今回の主な下落要因は、相場の過熱感だろう。

ペナント上抜けからの「テザー砲」2発の影響で、わずか2日間で20万円幅上昇しており、bitFlyerのプラス乖離も5.6%を超えるほどの過熱していた。ダブルトップの形をつけた後の相場の揺り戻しで、ここ2日間の上昇分をすべて吐き出した格好となる。

急角度で上昇していたため、トレンドライン(赤)を勢い良く割り込んだ(①)ことで、直近の上昇を支えていた大口が一斉に売りに傾くなどセンチメントが急悪化したか。

下位足での拡大図は、以下のようになる。

132万円付近で一旦は下げ止まり134.5万円まで反発を見せる(②)も、1h雲上限を抜けきらずに反落。上値を切り下げ続け、6時過ぎには125万円台まで大幅続落(③)。全戻しとなった。

このまま続落した場合は、直近2日の高騰前に意識されていたサポートラインと4h雲下限が重なる120万(⑤)〜ペナント上レジスタンスとして機能していた122万円(④)あたりが肝となるか。118万円を割り込んだ場合は押し目との見方も厳しくなり、短・中期トレンドが完全に転換するおそれもある。今後上位足レベルでしっかりと反発できるかどうか注目される。

現在の相場は、ビットコイン(BTC)に資金を吸収される形でアルトコイン全体が軟調に推移(下図)しており、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)はビットコイン(BTC)以上に下落するなど資金抜け傾向も指摘される。特にBTC建では下落の一途を辿っており、ビットコイン(BTC)ドミナンスは年初来最高値の65%付近まで上昇していた。

コインチェック

本日、仮想通貨取引所バイナンスが「証拠金取引(マージントレード)」のサービス提供を発表したことが、ショートポジションの売り圧力により、アルトコイン市場の急落に拍車をかけたとの見方もある。

海外アナリストの見解は

相場の大幅反落を受け、経済・仮想通貨アナリストAlex Kruger氏は「ビットコインが11900ドルを割り込んで下向きに進めば、11400ドル(約123万円)まで戻ることも考えられる。」と、フィボナッチインジケーターを用いて説明を行なった。

一方Kruger氏は、本日意識すべき値動きの水準は、12300ドル(133万円)としている。

CoinPostの関連記事

ビットコインFX有名トレーダー座談会|レバレッジ規制後の仮想通貨市場の変化と立ち回り
bitFlyer BTCFXのレバレッジ4倍規制後にどのような変化があったのか。今後の仮想通貨展望や2019,2020年末価格について、有名トレーダーの700ニキ、青ハチミツダルマ、MOONトレーダーの三氏に見解を伺った。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら