1400店舗展開する豪大手スーパーで仮想通貨決済が可能に

豪食料品店で仮想通貨決済が可能に
豪大手のスーパーマーケットチェーンで仮想通貨の決済が可能となった。BTC・LTC・BNBが利用可能。バイナンスの出資企業TravelbyBitとのコラボで実現した。

豪スーパーチェーンで仮想通貨決済が可能に

オーストラリアで1400店舗を展開する大手スーパーマーケット「IGA Supermarkets」で、仮想通貨による決済が可能となった。

対応する仮想通貨には、ビットコイン・ライトコイン・バイナンスコインが含まれている。

仮想通貨を利用したホテル・観光事業を手がけるTravelbyBitがIGAとコラボし、POSデバイス(販売時点情報管理デバイス)を提供したことで、仮想通貨決済の受け入れが実現した格好だ。TravelbyBitは最大手取引所の出資する企業だ。

TravelbyBitのCEOを務めるCaleb Yeoh氏は、Nugget’s Newsに対して以下のようなコメントをしている。

卵や牛乳、フルーツあるいは野菜など、商品に関係なく、仮想通貨で食料品を払うことが可能となる。

散見される仮想通貨決済の導入

今朝、コインポストで報じたように、BTC決済サービスの開発を行う米スタートアップ「Fold」が、ライトニングネットワークを利用した決済アプリを発表している。スターバックスやアマゾンでの利用が可能だ。

さらに、今年5月に開催された「コンセンサス2019」にて、仮想通貨決済アプリを提供するFlexa社が、SPEDNの(テストケースの)提供開始を発表していたが、現時点で利用できる店舗は39,250店以上にも拡大している。(現時点での対応国は米国のみ)

世界最大級のIT企業であるアマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットや「サーティワンアイスクリーム」が有名なバスキン・ロビンス、また大手コーヒーチェーンのスターバックスなどでSPDENを利用できる。

一方、米FRBの総裁Jerome Powell氏は、11日に行われた米国会上院銀行委員会の公聴会にて、ビットコインの本来のビジョンである「決済手段」の利用普及を否定し、「価値貯蔵手段(ストア・オブ・バリュー)」であると指摘しているが、前述したように、仮想通貨決済が導入されるという事例は散見されている。

CoinPostの注目記事

スターバックスなど米大手企業15社、仮想通貨決済受け入れ開始へ
スターバックスやアマゾンが保有するホールフーズ・マーケットなど15社が仮想通貨決済を受け入れていることが現在開催中の大型カンファレンス「コンセンサス」にてわかった。
ビットコインでビールを、福岡のバーでライトニング決済を試験導入へ
ライトニングネットワークを用いたリアルタイム決済サービスが福岡市内にあるバーで試験導入を開始。試験期間は、5月31日から6月30日の一か月間となっている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら