「LiskJapan」の創立を発表、仮想通貨Liskのエコシステム拡大でLiskHQと協力

「LiskJapan」の創立を発表
Liskのエコシステムを日本で機能させる事を目的に、日本人4名が「LiskJapan」を立ち上げたことを発表した。

「LiskJapan」の創立を発表

Liskのエコシステムを日本で機能させる事を目的に、@kplusq @ys_mdmg @uzamaru_crypto @liskholder の4人で「LiskJapan」を立ち上げたことを発表した。

日本のコミュニティが立ち上げた情報サイトLiskJapanでは、今後もLiskHQと連携・協力した運営を行っていく。

Lisk Japan運営陣の一人、うざまるSDK待ち(@uzamaru_crypto)氏は、「Liskの正しい情報を配信する啓蒙活動を中心に、日本のLiskコミュニティの発展に貢献していきたい。」とCoinPost編集部に語った。

LiskはJavaScriptで簡単にブロックチェーンを構築出来るコンセプトがあり、Alpha SDK, Beta SDK, RC SDK, Production SDKとLiskが進化して行く中で、ブロックチェーンに興味がある個人や企業の窓口になれるよう活動していきたいと考えているという。

Liskプロジェクト

仮想通貨Liskは、世界で最も一般的に使用されているプログラミング語”JavaScript”で開発されているブロックチェーン・アプリケーション・プラットフォームとなり、マイクロソフトAzureとパートナーシップを締結したことでも話題になったプロジェクトである。

LiskのSDK(Sidechain Development Kit)は、サイドチェーンテクノロジーを利用することで、開発者がカスタムトークンを含む強力でスケーラブルなブロックチェーン・アプリケーションの構築を可能にする。

Liskは使いやすさとアクセシビリティに焦点を当て、世界No.1のブロックチェーン・アプリケーション・開発プラットフォームになることを目指している。Liskはスイスのツークに本社を置き、2016年第1四半期のICO期間中に14,000BTC以上のBitcoinを調達した。

Liskのユーティリティ・トークン(LSK)は、金融庁から正式認可されている大手仮想通貨取引所”bitFlyer””coincheck”にも上場されている、安全かつクリーンなブロックチェーンとなる。

昨年8月には、ハードフォークする形でメインネットへ移行。Lisk財団のマーケティング・マネージャーThomas Schouten氏は、Liskのメインネットで初のブロックが生成された事を報告している。

Liskコミュニティやユーザーの要望に耳を傾ける姿勢を貫き、開発へ反映させていく方針を示しているLisk。「LiskJapan」の創立により、開発側との架け橋としての役割が期待される。

CoinPostの関連記事

【Vol.2】Liskインタビュー:日本・アジア市場での展開について
CoinPostによるLisk独占インタビュー記事のVol.2です。日本・アジア市場での展開についてや、ヨーロッパの市場、2018年の仮想通貨市場展開についてインタビューしました。また、記事下にLiskの求人情報も掲載しています。
【Vol.1】Lisk日本人開発者の遠田秀説氏に独占インタビュー
Lisk社の日本人開発者である遠田秀説氏にCoinPostが独占インタビュー。Liskの開発者の中で唯一日本人である遠田さんの経歴やLiskでのお仕事、また注目されるCore1.0の詳細を含む今後のLiskについて伺いました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら