仮想通貨テザー、米名門大MIT教授が手掛けた新ブロックチェーン「ALGO」で発行へ

テザー社、仮想通貨「ALGO」で発行
テザー社は、米MIT大受賞教授が手がけたブロックチェーンALGOでの仮想通貨USDT発行を発表した。7月29日には、Bitfinexの不正資金利用疑惑でテザーによる動議がNY裁判所で判断される。

テザー社、仮想通貨「ALGO」で発行

テザー社は、新たなブロックチェーンにて仮想通貨ステーブルコインUSDTを発行すると発表した

新たにテザーUSDTの発行を支援するのは、「アルゴランド(ALGO)」というブロックチェーンプロジェクトだ。アルゴランドは、「チューリング賞」受賞歴のある米名門大学MITの教授、Silvio Micali氏が主導した独自ブロックチェーンプロジェクトとして知られる。

アルゴランドの独自通貨ALGOは、最大手仮想通貨取引所バイナンスなどにも上場している銘柄であり、この発表を受け、ALGOは一時15%ほど急騰した。

テザーは、「純PoS」(ステーキングで承認するコンセンサスの一種)といったセキュリティが重視されたメリットを持つアルゴランドとの協力で、分散型プロジェクトに貢献するとの姿勢を見せている。

現在、USDTが発行されるブロクッチェーンは、OMNI・イーサリアム・トロン・EOSが用いられている。アルゴランドを加え、計5つの発行ベースが存在する。

テザー社がこのようにUSDTの技術提携を進める一方、テザー社・Bitfinex社とニューヨークの司法当局との裁判進捗が、29日より再開予定となっており、市況に影響を及ぼす可能性があるとして関心が高まっている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【8/20更新】
「8/15更新」バイナンスは9月に、米国ユーザーのサービス停止を実施。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
金融庁と財務省、FATF承認の「仮想通貨SWIFT」創設へ=ロイター報道
日本の金融庁と財務省が主導する、暗号資産(仮想通貨)版の「SWIFT(国際銀行間金融通信協会)」創設計画が、金融活動作業部会(FATF)に承認されたことがわかった。ロイターが報じた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら