総悲観のビットコイン(BTC)は急反発、フェイスブック株の続伸が示唆するもの|仮想通貨市況

仮想通貨市場
JPY建で心理的節目となる100万円を割り込んだビットコインが一時反発を見せた。前日比13%高のライトコインなど、アルトコインも値ごろ感から買い戻しも確認されている。米フェイスブックの株価が示唆する、仮想通貨市場の行く末は?

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

18日の東京株式市場は、トランプ発言による米中貿易摩擦の再燃に伴う米国株安や為替の円高が嫌気され、前日比422円安の2万1046円24銭と大幅下落した。

そんな中、月間利用者数(MAU)27億人を誇る米Facebookの株価(NASDAQ市場)は、動画プラットフォーム「Facebook Watch」や、デジタル通貨「Libra(リブラ)」への期待感を背景に上昇を継続している。

facebook

米国連邦取引委員会(FTC)が、データプライバシーの取り扱いに対する問題でフェイスブックに5400億円の制裁金を決議したほか、米公聴会でも非難が集中するなど四面楚歌にあるが、情報に敏感な米株投資家は、直近動向や公聴会の内容を踏まえても、懸念よりも期待が上回っていることを示している。

実際、7月12日にフェイスブックへの過去最高額となる制裁金が科されることが報道された後も同社株価は上昇。18日時点で201.8ドルを付けた。

リブラプロジェクトは、クレジットカード最大手のビザやマスターカードに加え、ペイパル、ウーバーを含む二十数社が参画し、1000万ドル(10億7000万円)の出資で合意。管理団体「リブラ・アソシエーション」は、世界の金融機関と交渉中とされるなど、金融・経済界での巨大な転換点となる可能性を秘めている。

RBC(カナダロイヤル銀行)のアナリストであるマーク・マハニー氏は、同社株について13日付リポートで、目標株価250ドル・投資判断「アウトパフォーム」とし、フェイスブックの仮想通貨事業について、「新たな契約や収入機会を得ることで、これまででも最も重要なイニシアチブの1つになり得る」と分析した。

思惑ベースや米株高の恩恵もありながら、機関投資家を含めた株式市場の判断は、少なくとも仮想通貨市場より悲観しておらず、リブラ及び仮想通貨関連事業の可能性(将来性)を投資判断に加えていると言えるだろう。

ビットコインテクニカル分析

心理的節目の100万円を割り込んだビットコイン(BTC)は、9000ドル(98〜99万円)を付けた後に急反発を見せた。ライトコインなどのアルトコインも、値ごろ感などからまとまった買い戻しが確認された。このように、一夜にして景色が豹変することがあるのが、良くも悪くも仮想通貨市場と言える。

7/17 13:00頃の様子

7/18 21:00頃の様子

反騰後は1万ドル(108万円)で一時反落したものの、急騰に伴いトレンドライン(黄)の抵抗線を超えてきている。bitFlyerのBTCFXでも、6月下旬の暴落を超える出来高を記録しており、短期ではセリングクライマックス(Lのロスカット連鎖後の急反発)に至ったとの見方もある。

4時間足で確認しても、スパイクボトムを付けた下値支持線は、過去に揉み合い出来高を作ったラインであることがわかる。

ただし、直近の下落トレンドは明白であり、嵐が過ぎ去ったと安心するにはまだ早計だろう。リブラやテザーに対しての先行き不透明感も依然として払拭されておらず、国内で発生した仮想通貨30億円相当の不正流出事件も、ハッキング事件なのか内部犯によるものかも含めて未解決だ。先日から続く、強力な戻り売り圧力には気を付けたい。

22日には、Bakktのビットコイン先物UAT開始されるほか、29日には、テザーを発行するBitfinexの裁判再開を控える。今後のファンダ要因を含め、次の「買い場」を探っている投資家が多いのではないかと思われる。

仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【8/15更新】
「8/15更新」バイナンスは9月に、米国ユーザーのサービス停止を実施。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

18日に2度目の米公聴会「下院」を終えたばかりの仮想通貨市場。米公聴会における温度感の変化と今後の注目点については、以下の記事で考察している。

ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点
2日連続で行われた公聴会。上院の追及内容に対し、下院では仮想通貨市場に影響が及ばなかった理由を解説。今後の注目ポイントも併せて掲載。

海外アナリストの見解

17日の夜からのビットコイン反発を受け、海外の人気アナリストJosh Rager氏は、4時間足軸で新たに分析を行なった。

ビットコインは見事に1日前における4時間足の終値ラインまで反発したが、これ以上の反発には、一定の勢いも必要になるだろう。

9830ドル(約106万円)を付けることができれば、次は10,192ドル(110万円)〜10,342ドル(111.5万円)を日足の上値抵抗線として意識されるのではないか。

Rager氏は、アルトコインの相場感についても言及している。

ビットコインのドミナンス(市場シェア)が70%弱(68%)にまで突入しており、このドミナンスに大きな変化が見られない限り、アルトコインへの投資を控えるスタンスを見せた。

CoinPostの関連記事

コインチェックの取引人数ランキング、ビットコインを抜いてXRP(リップル)が1位を獲得|ネム(XEM)も人気仮想通貨に
Coincheckが、取引所ユーザーのデータを数値、グラフ化したインフォグラフィック「Coincheck Data」を公開。日本におけるXRP(リップル)とネム(XEM)がアルトコインで人気を博していることがわかった。
続発する仮想通貨不正流出事件の裏側、取引所のセキュリティ担当が本音を語る
国内取引所で発生した30億円相当の不正流出事件について、bitbankセキュリティ責任者が有識者の東氏と配信で対談。「安定度が高いのはビットコイン、面白い仕組みはリップル」などと言及した。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら