ナスダック:2018年にビットコイン先物取引を開始か

ナスダックがビットコイン先物取引を発表
ニューヨーク証券取引所に次ぐ世界で2番目に大きな証券取引所であるナスダック(6.8兆米ドル規模の証券取引所)が2018年の前期中にビットコインの先物取引を開始することを発表しました。
世界でビットコイン先物取引相次ぐ
ビットコインの先物の公開によりナスダックは、CME Group Inc.(以下、CME) 及び、Cboe Global Markets Inc. (以下、CBOE)の2社と競うこととなります。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ナスダック及び、Cantor Fitzgerald & Co. が、ビットコインの先物取引を2018年前期中に開始すると発表しました。

ニューヨーク証券取引所に次ぐ世界で2番目に大きな証券取引所であるナスダックが2018年の前期中にビットコインの先物取引を開始することを発表しました。

6.8兆米ドル規模の証券取引所であるナスダックは、数ある取引所の中でも存在感を示しており、この仮想通貨取引参入の報道は、ビットコイン及び、その関係者に対して良いニュースとしか考えられません。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ナスダック及び、Cantor Fitzgerald & Co. が、ビットコインの先物取引を2018年前期中に開始すると発表しました。

これは、先日の11,400米ドルへの急騰や、今年だけで1000%もの増加を見せたことなどによる消費者の関心を集めた結果であると言えます。

ナスダックの計画に詳しい情報源によると、2つの取引所は、NFX市場におけるナスダック先物の1つとなるビットコイン先物取引を既存のトレーダーや投資家に向け公開することを主張しました。

さらに、ナスダックの契約では、トレーダー達がよりスムーズに取引できるよう、分岐したブロックチェーンで得た収益再投資を行うことで、ビットコインのハードフォークに対しても賢明に対処することができると補足しました。

このビットコインの先物の公開によりナスダックが、CME Group Inc.(以下、CME) 及び、Cboe Global Markets Inc. (以下、CBOE)の2社と競うことを示唆しています。

この2社は既に仮想通貨のデリバティブ商品の提供を行うことを発表しており、今月11月にもビットコインの新高値更新に貢献しました。

ナスダックは、証券に関しては非常に目立つ存在ではありますが、先物に関しては比較的小規模で、CMEやCBOEの方が大規模であると言えます。

さらに、この発表により、NYSEの所有権を持つ、Intercontinental Exchange Inc. がアメリカの4大取引所の中で唯一ビットコインのデリバティブ商品関連の計画が発表されていない取引所になってしまいました。

専門家によると、計画は未だ作成中で発表はそのうち行われるのではないかと考えられています。

アメリカ基盤の大手金融機関の Cantor も、彼ら自身の主要な取引所にてビットコインの先物やデリバティブ商品の提供を検討しています。

CEOである Shawn Matthews氏は、ウォール・ストリート・ジャーナルへの取材に対して以下のように答えました。

資産クラスはなくなっていません。もし、次の段階に目を向けるのであれば、流動性が高まるにつれて、複数の機関やさらに大口なプレイヤー達が市場に参入してくるでしょう。

アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)は、既にCantorの先物取引を承認しました。Nodal取引所などのその他の主要取引所でも、仮想通貨の先物の提供を検討しています。

厳格な規制がかかっている企業が参入してくることで、一部の銀行員やテレビ専門家などが未開拓で野蛮であると位置付けている仮想通貨の合法性が認知されるでしょう。

Nasdaq Joins the Bitcoin party, to Launch Futures in 2018

Nov 30, 2017 by Martin

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加