米Appleの次世代クレカ「アップルカード」、仮想通貨購入は禁止事項に

Apple Cardのユーザー規約
米IT大手Appleが開発したApple Cardは、仮想通貨の購入には利用できないことが分かった。ユーザー規約で現金と同等の物の購入を禁止しており、そこに仮想通貨が含まれることが明記されている。

仮想通貨の購入は禁止

米IT大手Appleが、米大手銀行ゴールドマンサックスと共同で開発したApple Cardでは、仮想通貨の購入ができないことが分かった。これは、ゴールドマンサックスのホームページに掲載されたユーザー規約の中の、現金と同等の物の購入に使用してはいけないという記載に基づいている。購入ができない対象には、現金と交換が可能な仮想通貨も含まれる。

Apple Cardは、2019年3月iPhone向けのクレジットカードとして、米国で先行リリースすることが発表された。iPhoneのウォレットアプリに内蔵され、iPhoneをかざすだけで、交通機関での移動やオンラインショッピング、実店舗の買い物でスマホ決済できる「Apple Pay」に組み込まれる。また、Apple Payが使用できない店舗でも対応できるよう、チタン製の実物版クレジットカードも用意されるとして、注目された。

本カードで支払った全ての支払いにキャッシュバック特典が適用されるなどの特徴がある。8月中にまずは米国でローンチするとみられ、日本でのリリースについては公表されていない。

クレジットカードによる仮想通貨の購入は、JPモルガンチェースやバンクオブアメリカなど複数の企業が禁止している。仮想通貨の価格変動の大きさから、ユーザーが返済不能な借金を負うことが懸念されるとした理由や、カードの紛失や盗難によって、個人情報が不正利用され、そこから仮想通貨が違法に購入されてしまう可能性などが懸念されるためとされている。

参考資料:Goldman Sachs

CoinPostの関連記事

ゴールドマンサックス、仮想通貨業務の拡大に向け新たに求人を募集
米ゴールドマンサックスが、新たな仮想通貨ビジネスの立ち上げに向け、新たな人材を募集。今までにない革新性を追求するとし、世界中の優秀な人材の発掘に注力している。
米国が仮想通貨の脱税対策に本腰、GoogleやAppleにも協力要請へ
米内国歳入庁(IRS)が、仮想通貨の脱税を防止するために、GoogleやAppleなどの大企業への協力要請を示唆する資料が判明した。アプリのダウンロード履歴などの提出を依頼するという


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら