外国為替取引の正しい目標設定方法

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

概要:FX取引の目標を達成するためには、目標設定の概念を理解することが重要であり、その中にはプロセスを重視する考え方も含まれている。トレーダーはまた、効果的に進捗状況を監視し、適切な取引プラットフォームを選択する方法を学ぶ必要がある。

外国為替取引で投資家が利益を得る確率はどの程度か?そのような確率を定量化することは困難だ。多くの要因が絡んでいるからだ。この質問は、株を取引するかFXを取引するかを決めるのと似ている。正解は、投資家が何を達成したいかによる。

しかし、外国為替取引で目標を達成することに関しては、プロセスを複雑にすることなく、賢明な戦略を考えることが可能だ。投資家は、リスクを軽減し、利益を上げる可能性を高め、損失を最小化または回避するための計画と不測の事態への対策を策定する必要がある。

目標設定

本題に入る前に、取引目標の設定の必要性について議論する必要がある。なぜそれが必要なのか?それはFX取引の成功にどのような影響を与えるのか?

取引目標を設定することで、取引計画を立て、それに沿って行動することができるようになる。 それは、結果を過剰に重視するのではなく、プロセスを重視した取引を行うことにつながる。これは直観的ではないように聞こえるかもしれないが、実はそうではない。トレーディングの結果に注意を払うことは重要だが、結果にこだわりすぎても、良い取引戦略を立てるのに役立たない。これは特に新しいトレーダーに当てはまる。プロセスを重視した取引方法は、リスク管理とテクニカル分析のスキルを磨くのに役立つからだ。

また、取引目標を設定することは、一貫性のある取引につながる。オーバートレードやアンダートレードを避けるためには、一貫性が必要だ。「トレーディングエデュケーション」のガイドは、「一貫性のあるFX取引計画を持っていなければ、資金を失い、最終的にはFXトレーダーとして失敗することになる」と述べている。成功しているトレーダーは通常、単一や少数の取引ではなく、一貫した、一連の利益のある取引を行うことで富を増やしている。

プロセスを重視

繰り返しになるが、目標は結果ではなく、プロセスに関するものであるべきだ。例えば、1日あたり1%の投資収益率を設定することは論理的に聞こえるかもしれないが、多くの人が長期的に持続可能だと感じることはないだろう。時間が経つにつれて、この目標を達成することが難しくなり、戦略の変更を余儀なくされることもある。外国為替市場は動的であり、直線的に機会を生み出すことはほとんどない。一定の取引期間ではリターンが上がっていても、他の期間は望みのままで終わる可能性があるのだ。

プロセスに焦点を当てた目標の例としては、正しいロットサイズを選択することでリスクを軽減し、最適なストップロスレベルを設定することで取引を迅速に実行することが挙げられる。10%の利益を目指すのではなく、次の数ヶ月または四半期に渡る取引資本のレベルを計画することをお勧めする。トレーダーは潜在的な利益をコントロールすることはできないが、資本をどのように維持するかを決めることは可能だ。

アルゴリズム取引であっても、取引結果の恣意的な利益の数字やパーセンテージではなく、プロセスに焦点を当てている。それらは、市場と為替レートに影響を与える可能性のある関連するイベントを監視する戦略を採用している。また、市場の変動に対応するためのスピードとレイテンシーに焦点を当てている。「アルゴリズム取引の重要性が高まるにつれ、多くの投資家にとっての焦点は、スピード、公平性、透明性に移行しつつある」と、世界の外国為替市場におけるアルゴリズム取引に関する白書は述べている。

例えば、アルゴリズム取引における自動ヘッジ戦略は、トレーダーのリスクへのエクスポージャーを最小限に抑えるように設計されている。同様に、アルゴリズム取引の実行戦略は、市場への影響の軽減や取引の迅速な実行など、プロセスベースの目的を実行することで機能する。これらはすべて、固定された結果や利益レベルを伴わないものだ。

目標の達成

取引目標を達成するための最も重要な要素の一つは、適切な取引プラットフォームの選択だ。十分な情報に基づいた取引を行うために必要な最新の情報とツールをすべて提供するプラットフォームを選択することが不可欠だ。これらには、市場の洞察力やトレーダーの好みに合わせて設定できる、実績のある取引戦略が含まれる。

すべての種類のトレーダーのニーズと好みに対応できる単一の取引プラットフォームは存在しない。Regal Core Marketsの調査で引用された市場分析とコアとなるFX戦略は、取引におけるさまざまなアプローチのための異なる戦略の必要性を明らかにしている。「FX取引では、無数の異なる戦略があり、それぞれに長所と短所がある」と同調査は主張している。だからこそ、適切なプラットフォームを慎重に検討し、選択することが重要なのだ。

適切なプラットフォームを選択することに加えて、進捗状況を監視し、測定することが重要だ。プラットフォームの中には、モニタリングや測定を便利に行うためのツールを提供しているものもある。そのような機能がない場合は、取引のチェックリストとジャーナルを用意しておくことをお勧めする。これらにより、トレーダーは適切な取引はどのようなものかという意識に焦点を当て、弱点や改善が必要な領域をスポットすることができる。また、完了した取引ごとにスコアカードを維持しておくのにも役立つ。

また、ベストプラクティスを見ることをお勧めする。他のトレーダーがどのように彼らの資金管理戦略、保護的なストップロス注文、オンタイムで利益を上げる取引のクローズ、ポジションの保持、およびリスク管理等を遂行しているかを確認すべきだ。投資家が自分の経験に基づいて、これらのすべてを学ぶことも可能だ。しかし、経験豊富なトレーダーからの洞察を使用することによって、学習プロセスはかなり速くなる。

ここでは、成果ベースの目標が全く役に立たないと説得するつもりはない。しかし、プロセス中心の目標の方が通常は良いものと考えられている。これは、ほとんどのFX取引アドバイザーに共通する考え方だ。結果指向の目標は、トレーディングの結果が採用するプロセスとどのように結び付くかについてすでに精通しているような、経験豊富なトレーダーに対してのみ機能する。

イメージ: Pixabay
本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

▶️本日の速報をチェック!