バイナンスステーキングがIOSTのノードプログラムに参加、初期 ステーキングを投⼊、エコシステムの発展を⽀える

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

初期ステーキングとして8億IOST以上をエコシステムに投⼊予定

トップランクのグローバルデジタル資産取引所であるバイナンスが、正式にパートナーノードとしてIOSTブロックチェーンに参加し、初期ステーキングとして8億IOST以上をエコシステムに投⼊する予定です。

免責事項:ここで提供される情報は特定のデジタル資産取引所での⼝座開設または投資アドバイスを構成するものではありません。ここで提供されるすべてのコンテンツは教養のみを⽬的としています。バイナンスは第三者の中央集権型取引所です。IOSTはユーザーが経験する可能性のある損失について⼀切の責任を負いません。

取引量ベースで世界最⼤のデジタル資産取引所であるバイナンスは、IOSTとのパートナーシップをさらに強化することを選びました。IOSTプロジェクトは、同社の⼈気の⾼いステークプログラムに追加される、最新のプルーフ・オブ・ステークス・プラットフォームです。

バイナンスのユーザーは、バイナンスプラットフォーム上でIOSTをステーク、エコシステム報酬を獲得することができるようになります。

また、バイナンスとIOSTのローンチイベントに参加することで、この⼒強いパートナーシップとマイルストーンを祝うことができます。バイナンスはリワードプールを共有し、参加者はエコシステム報酬を獲得することができます。

ローンチイベントに関して(英語)

https://www.binance.com/en/support/announcement/66477c84ce1544888c16f28378ba1b49/

IOSTのステーキングエコノミーと発展

Huobi Mining Pool、OKEx Mining Pool、Bithumbなどの⼤⼿マイニングプールとの綿密な協⼒に続いて、待望のバイナンスステークキングは、IOSTエコシステムの成⻑とネットワークの安定性を⾼めることになります。

IOSTは、2019年のメインネットローンチ以降、世界約20カ国から400以上のパートナーノードがエコシステムに参加しています。そして、これらのパートナーノードには、暗号資産取引所、投資家、法律事務所、メディアプラットフォーム、スタートアップなどが含まれています。

中国の中国産業情報技術省CCIDによるランキングでは、IOSTが基本技術部⾨で最⾼のブロックチェーンプラットフォームとしてランク付けされ、同機関が評価した他のすべてのスマートコントラクトプラットフォームよりも上位にランク付けされました。

https://btcmanager.com/iost-basic-technology-latest-ccid-ranking/

IOSTプロジェクトはBinanceでの上場後に戦略的な活動としてバイナンス・チャリティ・アライアンスをはじめとする様々な相互イベントで協労してきました。今後、両社の間でさらなる展開が期待できます。

IOSTブロックチェーン、IOST財団について

次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超⾼速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを⽬指しています。

ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け⼊れられます。

共同創業者兼CTO:Terrence Wang

URL:https://iost.io

IOSTのプレスリリース一覧

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/41312

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!