Immunefi、Armor.fi、DeFiSafetyと協力してプロトコルのセキュリティを強化します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

Immunefi、Armor.fi、DeFiSafetyと協力してプロトコルのセキュリティを強化します

C.R.E.A.M. FinanceはImmunefi、Armor.fi、DeFiSafetyと協力してC.R.E.A.M. Financeのプロトコルと様々なDeFiエコシステムに強固なセキュリティをもたらします。

本協力は、Immunefiと共同で150万ドルのバグバウンティプログラムを今週開始し、C.R.E.A.Mのプロトコル、API、ウェブサイトのセキュリティを強化するところから始まります。

『セキュリティは分散型金融エコシステムを成熟させ、新興金融テクノロジーを世界中のユーザーに提供するための鍵となります。私たちはDeFiSafetyによってプロジェクトの透明性を高め、Immunefiによてハッキングを防止し、Armor.fiによってユーザーが保険を購入するための明確な道筋を提供しています。』

– Leo Cheng (C.R.E.A.M. Finance Co-Founder兼プロジェクトリーダー)

今回のバグバウンティではC.R.E.A.M. Financeのスマートコントラクトとウェブアプリに焦点を当てています。プロトコルの脆弱性を公開したホワイトハッカーには報酬が付与されます。

バウンティ報酬は、Immunefi Vulnerability Severity Classificatio Systemの説明のように、簡単な5つのレベルに基づいて分配されます。

ウェブサイトやアプリの脆弱性とスマートコントラクトの脆弱性には、それぞれ別の尺度が用意されています。

C.R.E.A.M. Financeは、Immunefiとのバグバウンティに加えて、Armor.fiと協力して、ユーザーが資金を悪用されないように保険を掛ける機能を提供します。

Armor.fiはリストアップされているプロトコルのリスクを負うDeFiユーザーにインセンティブとして、報酬を提供します。

最後に、C.R.E.A.M. Financeはプロジェクトの品質、リスク、透明性に関して第三者による包括的な検証を行うDeFiSafetyによる独立した安全審査で83%のスコアを獲得しました。本審査では70点が合格ラインとなっています。

Twitter のフォローや Discord への参加をして、情報をリアルタイムに得ましょう!

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!