RegalXで、金融取引に「自動操縦モード」を実現

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

RegalXで、金融取引に「自動操縦モード」を実現

アルゴリズム取引とは、事前に構成されたパラメーターに基づき売買の注文を実行するものだ。金融取引における自動化の動きが国際的に始まったのは、1998年にSECがロボットを用いた取引を採用すると決定した時だ。その後しばらくの間、技術開発の成果もあり、アルゴリズム取引には多くの新機能が加えられ、広く活用されるようになった。

2000年代にロボットが行った取引は全体の10%を超えており、処理にかかる時間は2秒程度だった。しかし実際には、ボットによる取引は2000年代終盤に60%増加した。2007年に、取引ボットの適用範囲が大きく広がり、既成のロボットを採用することで世界中の顧客に個別ソリューションを自動提供しようと考える企業が数多く現れた。2012年には、ボットシステムにエラーが発生し始めたことを理由に、取引に使われる割合は50%にまで減少した。

そして今、アルゴリズム取引を行うボットにはAIと機械学習という原動力が与えられ、取引処理能力が大幅に向上した。人工知能の搭載により、ボットはマーケットの状況を継続的に監視・分析できるようになり、注文を行ったり、取引状況を解除したりする適切なタイミングを見極められるようになった。

AIオートトレードの技術を備えたRegalX

AI Autotrade は、「AI」と従来式の「取引」の両方からトレーディングを学習する。システムの開発者は、日常的に使えて、完全に自動化されたボットを作ることに情熱を注いでいる。彼らが行うのは、価格変動指標に関するディープナレッジ(深層知識)に「感知・知覚・計画・コントロール」を柱とした次世代AIモデルを組み合わせることだ。

機械学習は、人間が外の世界を認知するプロセスを真似るように構成されている。ボットは過去のマーケット変動を学習することで機能を高める。鍵となる事実は、ボットが何かを選択する際、常にプログラムの裏付けがあり、理由を説明できるということだ。

ロボットは、仮想通貨市場やフィアット通貨市場、株式市場といった分野で取引ができる。開発チームは、ボットを混乱状況や荒波の中に置くことで、パフォーマンスの質をしっかりと確認し、異なる状況でのボットがどう振る舞うかを確かめる。

RegalXは、完全に自動化されたトレードのための新たな舞台であり、取引を行いながら過去情報の分析ができる。開発チームは、AIに関する最新知識を有する集団だ。RegalXを支援するRegal Assets社は、アメリカで「もっとも急成長を遂げている企業」ランキング20位に選ばれた。また、同社は仮想資産の取引ライセンスを保有しており、Coinbaseとパートナーシップも締結した。

結論

電子商取引が世界中で普及したことにより、取引が複雑化し、取引量増加した。それにより高度なデータ処理機能や意思決定システムが求められるようになったことで、コンピュータによる情報処理能力の進化が加速された。

技術の進化により取引ロボットが生まれ、最新で最先端の金融システムの利用が、自動化、機能向上、さらには日常的に行われる取引の速度上昇を実現してきた。

RegalXのシステムは、間違いなくトレーダーの間で広く普及するだろう。利用者はいずれマニュアル取引のことを忘れ、AIと機械学習がもたらす「より便利で収益性の高い選択肢」にシフトしていくだろう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!