300万⼈以上が利⽤する新しい GameFi プラットフォーム 『Ludenaプロトコル』が IOST エコシステムに参加

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

ゲームとDeFiを組み合わせた新しいビジネスモデル、⾏動を収益化する

2021年10⽉26⽇、パブリック・ブロックチェーンネットワークであるIOSTは、Play2EarnプロジェクトのLudenaプロトコルとの新しいパートナーシップを発表し、IOSTのエコシステムでの NFT と GameFi ゲーム分野を加速させます。

*この記事は暗号資産の投資を促すものではありません。まだ⾒たことのない新しいものを⽣むプロダクト開発とイノベーションを起こす先端技術の取り組みを紹介しています。

IOSTは、世界中で300万⼈以上のゲーマーが利⽤するPlay2Earnゲームソーシャルプラットフォームの開発・運営に成功したLudena Protocolとの戦略的パートナーシップを発表します。Ludenaプロトコルは、Play-to-Earnメカニズムを持つ新しいゲームを継続的に導⼊しており、Play-to-Earnゲーム、NFTマーケットプレイス、ステーキングプラットフォームを含む創造的なメタバースを構想しています。

両者は、マルチチェーン・アーキテクチャの確⽴に向けて協⼒していきます。今回の提携により、Ludenaプロトコルは、IOSTとそのエコシステムの発展に、カジュアルなP2Eゲーム&NFTを構築し、より良い分散型システムを構築するというIOSTのミッションに貢献していきます。

IOSTエコシステムのマーケットプレイス

IOSTのNFTエコシステムは、Revival NFTマーケットプレイス、TokenLink NFTマーケットプレイス、RIZIN FIGHTING COLLECTION、Zodium P2Eプラットフォームの導⼊により⾶躍的に発展してきました。

そして、Play-to-EarnまたはGameFiの分野が世界的に注⽬されている現状から、IOSTはP2E分野をより積極的に成⻑させる必要があります。そのためにIOSTチームは、さまざまな分野の優良なパートナーとの連携に努めています。急速に進化しているプロジェクトLudenaは、IOSTエコシステムに価値を⽣み出します。Ludenaは、全世界で300万⼈のユーザーを抱えるゲームTalkTalkプラットフォームを持ち、韓国のトップゲーム会社と提携しています。Ludenaはこれらのパートナーシップを通じてゲームエコシステムを拡⼤し続け、IOSTはLudenaのユーザープールを通じてエコシステムを拡⼤し、既存のコミュニティメンバーにIOSTエコシステムの新しいゲームやNFTを体験する機会を提供していく予定です。

Ludenaプロトコルについて

Ludena Protocolは、P2Eゲーム化ソーシャルプラットフォーム「GameTalkTalk」で300万⼈以上のユーザーを抱え、P2Eゲームやライブストリーミングサービスをプレイすることで、ユーザーの⽇々の活動に報酬を提供しています。

URL:Website: https://www.ludenaprotocol.io/

IOST ブロックチェーン について

IOSTは次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超⾼速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを⽬指しています。ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け⼊れられます。

IOSTのプレスリリース⼀覧

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/41312

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

IOST財団 ⽇本担当

太⽥真(おおたまこと) / Japan Growth Lead

メール:makoto.ota@iost.io

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!